シールド乳酸菌とは?少ない数で効果を発揮できる応用力抜群の乳酸菌

シールド乳酸菌とは?少ない数で効果を発揮できる応用力抜群の乳酸菌

 

少しずつ日差しが暖かくなり始め、春はもう間近となる季節。

 

やっとインフルエンザも終息に向かい、風邪などの病気が落ち着いてきたかと思うと・・・やってくるのが「花粉症」ですね。

 

中には冬から夏になるまでの間、ずっとマスクが手放せない!なんて人もいるのではないでしょうか。

 

そんな方々にはぜひ知っていただきたい「シールド乳酸菌」について、今回は詳しく説明したいと思います。お手軽なサプリやお菓子感覚で乳酸菌を口にする。それだけでマスクいらずの生活が送れるなら、そんなうれしいことはないですね!

 

【シールド乳酸菌ってどんなもの?】

森永乳業が開発した「乳酸菌MCC1849株」で、加熱殺菌済みで用いられる乳酸菌です。

 

そもそもの正式名称は「ラクトバチルス・パラカゼイ・MCC1849株」で、2つの呼び名がありました。「モラック乳酸菌」「シールド乳酸菌 M-1」で、シールド乳酸菌 M-1で統一されていくことになるでしょう。

 

名前の由来は「盾(シールド)のように外部からの敵を防御するイメージ」からつけられました。

また、従来乳酸菌は数が多くなればなるほどすっぱくなる傾向にあるとのこと。

 

何億・何兆個など含まれる乳酸菌の数で競争が行われてきましたが、シールド乳酸菌はそれにとらわれません。約100億個という少ない数で効果を発揮するため、味への影響がないのも特徴のひとつです。

 

さらに、シールド乳酸菌は、生菌ではなく死菌でヒト由来の乳酸菌。生菌の場合熱に弱いですが、死菌であれば加工食品への応用もしやすく扱いやすい点も注目すべき。

 

【シールド乳酸菌が発揮する効果はどんなもの?】

シールド乳酸

 

シールド乳酸菌を摂取することで、どのような効果が得られるのでしょう。その効果は計り知れません!

 

●シールド乳酸菌で免疫力の強化!

そもそも、私たちが生活している中には数え切れないくらいのウイルスや病原菌が存在します。当たり前のように鼻や口から体の中に入ってきますし、体内でも毎日たくさんのがん細胞が生まれています。

 

そんな常に病気の危険にさらされているにもかかわらず、発症しないのは「免疫」のおかげ!

 

しかし、免疫力は加齢と共に低下し、病気のリスクは高まります。ストレスや疲れなどでも免疫力は下がるため、常に生活習慣に気をつけ質の良い睡眠をとる必要があるんです。でも、なかなか難しい話ですよね。そこで登場するのがシールド乳酸菌。

 

シールド乳酸菌がどのように免疫力を強化するか?それを知るためには「腸内細菌と免疫」の深い関係を知る必要がありますが、簡単に説明すれば「シールド乳酸菌が腸内の免疫細胞に働きかけ、免疫力を高めてくれる」ということです。

 

●シールド乳酸菌でNK細胞の活性化!

シールド乳酸菌には、インターロイキン12という免疫活性たんぱく質の分泌を促進する効果があります。

 

これによりNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる働きが期待されています。
実際に行われたマウス実験では、インフルエンザに感染したマウスのウイルス量減少・症状抑制といった効果が確認されているとのこと。

 

●シールド乳酸菌で免疫力がアップすれば感染症リスクが低下!

上記で説明したとおり、免疫力がアップすることによりインフルエンザを筆頭に、さまざまな病気リスクを低下させるというのだから、その乳酸菌の効果には目を見張ります。

 

当然花粉症などのアレルギー対策にも一役買ってくれることでしょう。シールドというネーミング、そのままのパワーを秘めているといえますね。

 

 

【シールド乳酸菌を利用している企業について】

シールド乳酸

 

森永乳業が開発したシールド乳酸菌は、いまや複数の企業で利用されています。実際に利用している企業別に、商品紹介をさせていただきます。

 

森永乳業のサプリメント「強いカラダへ ラクトフェリン&シールド乳酸菌」

高品質お手ごろ価格で人気を集める森永乳業のサプリメントシリーズ。シールド乳酸菌が配合されたサプリメントを含む新商品、ミルク研究から見出された独自素材配合サプリメントの販売が始まります。(※2017年3月22日から発売)

 

8種類あるなかの1つ「森永乳業のサプリメント 強いカラダへ ラクトフェリン&シールド乳酸菌(15日分)」には、2粒あたり100億個のシールド乳酸菌を配合。初乳に多く含まれるラクトフェリンと一緒に「免疫力を高める」ことを目的としたサプリメントです。

 

参考小売価格は、15日分で1,780円(税別)。胃酸に負けないカプセルを採用しているため、確実に腸まで届けてくれる優れものです。価格以上の効果が期待できそうですね。まもるチカラをプラスしたい人には最適な商品といえるでしょう。

 

また、過去には森永乳業が株式会社バンダイとコラボして、シールド乳酸菌を配合した美容系グミなどの販売も。手軽に食べられるヨーグルトや飲むヨーグルトなどに配合された商品もあります。

 

 

森永製菓の人気商品「食べるマスク」

2016年の発売から1ヶ月で半年分の売り上げ目標を突破するくらいのヒット商品「たべるマスク(シールド乳酸菌タブレット)」が代表。
キャッチコピーは「休めない、あなたに」とあるように、ブドウ糖やビタミンCを一緒に配合しています。

 

シールド乳酸菌以外の成分が必要量が満たしているというわけではありませんが、エネルギー補給なども同時にでき便利です。

 

シールド乳酸菌のイメージが伝わりやすいように命名されたため、普通のマスクとは異なりますのでご注意を!
(ほこりやウイルスの感染を防ぐための口・鼻を覆う衛生用具ではありません)

 

このたべるマスク1粒あたり33.4億個のシールド乳酸菌が含まれています。1日に3粒食べれば必要量は補えることになります。

 

味は少し酸味のあるヨーグルト味です。しかし原材料に牛乳などは使用されておらず、アレルギー物質27品目がフリーです。日本学校保健会推奨用品にも登録され、子供でも手軽においしくシールド乳酸菌M-1が摂取できる優れた商品といえるでしょう。

 

永谷園の乳酸菌がお味噌汁でも摂れる「1杯にシールド乳酸菌100億個みそ汁」

2016年2月に「1杯にシールド乳酸菌100億個みそ汁」(※旧名称:シールド乳酸菌M-1みそ汁)を発売しました。

 

3食入りで希望小売価格は130円(税抜)なので、1食あたり43円。サプリメントはついつい飲み忘れてしまうという方でも、おみそ汁なら毎日続けられそうですね。

 

1杯にシールド乳酸菌が100億個含まれているという点から見ても、1日に必要な量はしっかり摂れますしサプリと同様の効果が期待できそうです。

 

タカノフーズのシールド乳酸菌を納豆でも食べられる「すごい納豆 S-903」

代表的な商品は多々ありますが、おかめ納豆といえば知らない人はいないでしょう。

 

この納豆のタレにシールド乳酸菌を配合した商品「すごい納豆 S-903」が発売されました。(※2017年2月27日発売)納豆菌との相乗効果も期待でき、食事から手軽に摂取できるという点もポイントですね。

 

もちろん、1食分のタレに100億個のシールド乳酸菌が配合されているので、摂取量もしっかり満たしています。

 

フルッタフルッタの朝から簡単に摂取できる「フルッタアサイーシリーズ」

アサイー商品をメインで扱う株式会社フルッタフルッタは、新商品としてフルッタアサイーシリーズにシールド乳酸菌を取り入れました。(※2016年3月22日発売)朝活ドリンクというだけあって、グラノーラにバナナといった朝食をイメージさせるもの。

 

1本246円(税抜)というコンビニなどでも手軽に購入可能な価格帯もうれしいポイントです。忙しくて朝食をゆっくり取れない人にとっては便利で栄養バランスもよく、さらに1日の必要量を満たすシールド乳酸菌100億個が配合されているんだから文句なしですね。

 

ベジテリアのシールド乳酸菌商品「乳酸菌入り 緑の健康バランス30品目」

株式会社ロック・フィールドが展開しているベジテリアでは、期間限定でシールド乳酸菌を配合した野菜ジュースを発売しました。(※2016年9月29日〜10月5日)「乳酸菌入り 緑の健康バランス30品目:400円(税込)」「乳酸菌入り 濃厚 緑の30品目:520円(税込)」で、それぞれ100億個のシールド乳酸菌を含んでいました。

 

残念ながら今回は限定販売でしたが、今後の発売時期は検討中とのこと。季節的に需要が高くなるときに、あらためて発売となるかもしれませんね。

 

菊水ではドレッシングにシールド乳酸菌を配合「シーザードレッシングのラーメンサラダ」

北海道大手製麺会社の株式会社菊水(伊藤ハムグループ)では、2017年3月1日からドレッシングにシールド乳酸菌を配合した「シーザードレッシングのラーメンサラダ」の発売を開始しました。

 

希望小売価格380円(税別)で2皿分。1皿分のドレッシングで100億個のシールド乳酸菌が含まれることになりますので、190円で食事と一緒に取り入れられると思うとかなりお手頃ですね。

 

ハピネスは朝食やおやつにもぴったりな「乳酸菌グラノーラ」

乳酸菌シールド

 

株式会社ハピネスから、シールド乳酸菌と、国産100%の焙煎玄米、栄養分トップクラスのオーツ麦を組み合わせた「乳酸菌グラノーラ」が発売されました。

 

保存料・着色料・香料なしの無添加なうえ、白砂糖も不使用なので糖尿病予防も考えられた「乳酸菌グラノーラ」はお米屋さんならではの国産100%の玄米粉で焼成し、グルテンフリーを実現しました。

 

白米よりも食物繊維や鉄分、カルシウムなど栄養価の高い穀物を組み合わせることで、毎日の食生活を豊かにするだけではなく、話題のシールド乳酸菌を500億個配合された美味しいグラノーラは免疫力アップやインフルエンザ予防など、健康面でもおすすめの商品と言えます。

 

タカラバイオから発売のシールド乳酸菌配合サプリ「フコイダンサプリ50」

 

フコイダンサプリ50

 

タカラバイオ株式会社から発売されている「フコイダンサプリ50」に新成分として「シールド乳酸菌」が追加されました!

 

「フコイダンサプリ50」とはガゴメ昆布に含まれる3種類のネバリ成分「フコイダン」とフェリカス乳酸菌や有胞子性乳酸菌を配合して発売されていましたが、さらに「シールド乳酸菌」を配合することで腸内環境を整え、免疫力アップや抗酸化作用、アレルギーやアトピー改善にも効果が期待されます。

 

飲みやすい小粒タイプを1日3粒摂取するだけでフコイダンは50mg、乳酸菌は約1,100億も摂取できます。
さらに、3種類のビタミン(B6, D, E)も配合!
保存料や着色料も一切使用せずに安心安全製法で作られた信頼できるシールド乳酸菌配合のサプリです。

 

さらに増え続けるシールド乳酸菌配合の商品

 

上記以外にもたくさんの企業が導入しており、その数は100社を超えます。

 

牛丼チェーン店の吉野家までもが取り入れ、とん汁やけんちん汁にシールド乳酸菌が加えられています。

 

北海道限定かもしれませんが、菊田食品から発売されている「シールド乳酸菌100億個配合 プチとうふ」というものまであります。

 

ほかにも、ポップコーンやロールケーキにまでシールド乳酸菌が使用された商品が発売されています。「コレは苦手だけど、あれなら食べられる」と、好みに応じて商品を選べそうですね。

 

他にも注目の商品「シールド乳酸菌(R)+赤のチカラ」について書かれている記事はコチラ
【注目】シールド乳酸菌(R)+ 赤のチカラでスマート生活を応援♪

 

【普通の乳酸菌とシールド乳酸菌、違いは何?】

多くの企業が参入し、高い効果がうたわれているシールド乳酸菌ですが、ほかの乳酸菌と何が違うのでしょうか?

 

乳酸菌といってもその種類は多く、一言でここが違う!とは言い切れません。乳酸菌によって働きや効果も違ってきますし、応用する方法によっても変わってきます。

 

あえて違いをあげるのであれば、上記でも説明したとおり「死菌でありながら、少ない量で高い効果を発揮する」という点でしょうか。少ない配合量で十分な効果を発揮できるため、味への影響もなくさまざまな製品に応用できるというのが最大の特徴です。

 

シールド乳酸菌の特徴は?

 

シールド乳酸菌の最大の特徴でもある、死菌でも少ない量で高い効果を発揮するとはどういうことでしょうか?

 

そもそも乳酸菌には「生菌」と「死菌」の2種類あり、生菌はよく聞く「生きて腸に届く乳酸菌」と言われるように生きて活躍することができる菌となります。

 

しかし「生菌」でもほとんどが腸に届くまでに胃酸や胆汁酸に殺菌されて、死菌となる場合があり、通常の「死菌」より腸に届く可能性があるので「生菌」と呼ばれています。

 

反対に「死菌」となれば腸内で活躍できない菌というワケではなく、腸内に定住している菌や生菌のエサとして増殖を促進したり、有害物資を吸収して腸内に吐き出す役割や、腸内を刺激して免疫細胞を強くすることもできるのが、死菌の役割です。

 

そこで、シールド乳酸菌の「少ない量で高い効果を発揮する死菌」とは、腸内で得られる効果が、通常の死菌よりもシールド乳酸菌の死菌は効果が高いと言うことになります。

 

シールド乳酸菌の1日あたりの摂取目安量は?

 

いままでの乳酸菌で摂取量の数が多いほど効くのではないかと思っていた人も多いかもしれません。
死菌だけでいうと、腸内で活躍するためには、1日に1兆個の数が必要と言われていましたが、シールド乳酸菌では死菌でも効果が高いためおよそ「100億個」だけでも効果が期待されるとなっています。

 

1日の摂取量が「100億個」なので、森永製菓の「たべるマスク」なら1日に3粒、永谷園のお味噌汁ならたったの1杯と気軽に摂取できるでので、続けやすく、味のバリエーションが多いのがうれしいポイントではないでしょうか。

 

シールド乳酸菌を摂取するタイミングはいつがいい?

 

通常の乳酸菌では胃酸の影響が少ない食後に飲むのが理想的とされていますが、シールド乳酸菌は加熱処理されているため酸や熱にも強い特徴があります。
すでに食品として使われていることもあり、タイミングを気にせずに摂取できる気軽さもポイントですね。

 

もうひとつの特徴は熱や水に強く加工しやすい

 

いままでの乳酸菌では、量を多く配合すると、どうしても酸味が強くでてしまい、酸っぱくなっていたため加工しずらい点がありましたが、シールド乳酸菌ではおよそ100億個で効果を得られるため、酸味を気にせず商品化が可能になりました。

 

さらに、熱や水に弱いとされてきた乳酸菌を、シールド乳酸菌はすでに加熱殺菌されているため、お味噌汁との組み合わせや、野菜ジュースとの組み合わせが可能になったのも、シールド乳酸菌のメリットと言えます。

 

【まとめ】

いかがでしたか?シールド乳酸菌について、いろいろ知っていただけたかと思います。知らないだけで、身近なところで配合されているんですね。
乳酸菌というのは、毎日の体調にも左右されますし、人によって合う合わないもあります。継続して取り入れることで、常に効果を発揮してくれる存在。

 

おみそ汁やお菓子、持ち運びに便利なタブレットやキャンディと、毎日何かひとつ取り入れるようにしておきましょう。そうすることで、インフルエンザの季節や風邪を引きやすい環境にあっても、少なからずリスクを軽減してくれることでしょう。

 

健康な腸を保ち、免疫力をアップさせておくことこそが、最大の予防ですよ!その手助けのために、シールド乳酸菌は大いなるチカラを発揮してくれそうです。

 

 

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ

関連ページ

【注目】シールド乳酸菌(R)+ 赤のチカラでスマート生活を応援♪
シールド乳酸菌M-1の効果とは?実際に試した商品の体験レビュー
モラック乳酸菌は免疫力アップに効果的!シールド乳酸菌との関係は?
シールド乳酸菌の別名「モラック乳酸菌」についての特徴やインフルエンザ予防や免疫力アップ効果、配合製品をご紹介。