オリゴ糖の人気サプリランキング!効果や副作用、選び方のポイントは

オリゴ糖の人気サプリランキング!効果や副作用、選び方のポイントは

オリゴ糖サプリランキング

はぐくみオリゴ

はぐくみオリゴの特徴

妊婦さんや赤ちゃんでも摂取できる安全性と善玉菌を強くする効果の高い高品質なオリゴ糖を5種類使用しています。 毎月300名限定の初回半額価格でスッキリ実感してみませんか

価格 1,840円
評価 評価5
備考 高品質な5種類のオリゴ糖でモニター満足度も90%以上の実力です。

カイテキオリゴ

カイテキオリゴの特徴

北海道産のてん菜など自然由来の素材から抽出した高純度なオリゴ糖配合!赤ちゃん、妊婦さんにも安心安全に使用していただけます。 全額返金保証制度あり!より安心して便秘解消を試していただけます。

価格 2,412円
評価 評価4
備考 家庭用オリゴ糖として全国売上日本一の実績!

オリゴのおかげ ダブルサポート

オリゴのおかげ Wサポートの特徴

高品質なオリゴ糖に加え、カルシウムが配合されていることで、整腸効果とと骨や歯を丈夫にする効果もプラス! 成長期のお子さんや妊娠中の栄養補給にも!携帯できる小袋タイプなところもうれしいポイントです!

価格 1,358円
評価 評価3
備考 特定保健用食品として認められた便秘解消効果!

どっさんこオリゴ

どっさんこオリゴ便の特徴

天然由来のオリゴ糖2種類と「すんき漬け」から抽出した乳酸菌、さらに効果を促進する食物繊維で便秘改善効果を実感! 無添加無着色と品質管理にこだわった製法で作られたどっさんこオリゴ糖は毎日安心して摂取していただけます。

価格 3,241円
評価 評価2
備考 オリゴ糖と乳酸菌、食物繊維も配合した贅沢なオリゴ糖サプリ

フルミービオ&オリゴ

フルミービオ&オリゴの特徴

2種類のサプリがワンセットになったフルミービオ&オリゴはビフィズス菌やオリゴ糖の他にも女性が不足しがちな葉酸や鉄分ビタミンなども同時に摂取できて効率的に腸内環境を整えてくれます。

価格 1,980円
評価 評価1
備考 オリゴ糖とビフィズス菌が配合された2種類のサプリ

 

オリゴ糖を配合したサプリメントを健康のため摂取しているという人は多いと思います(^^)
しかし、オリゴ糖とはどんな特徴がありどのような効果が期待できるのか、しっかりと把握していますか?

 

「何となくなら分かってるし健康のために良いと聞いてとりあえず摂取している」

 

このような人が多いのではないでしょうか?
そこで、実はあまりオリゴ糖について知らないという人のために、ここでは詳しく解説していきたいと思います♪

 

オリゴ糖の特徴

  • 砂糖よりも低カロリー
  • 善玉菌を活性化させる
  • 野菜やハチミツに多く含まれる

 

まずは、オリゴ糖とはどんな特徴があるのかについて解説していきたいと思います。

 

オリゴ糖とは、デキストリン・デンプン・セルロースなどの糖分が3つ以上結びついたもののことをいいます。

種類はおよそ20種類程度で胃や小腸では消化され難く、砂糖よりも低カロリー♪

 

ですから、ダイエット中の人向けのお菓子や飲料などに使用されることが多いようです。
大豆・アスパラガス・ニンニク・ゴボウ・タマネギなどの野菜やハチミツなどに多く含まれており、腸内で善玉菌のエサとなり善玉菌を増やす働きがあるといわれています。
この働きからか、近年ではオリゴ糖を配合した食品やサプリメントが多数販売されています♪

 

オリゴ糖と砂糖の違い

オリゴ糖 砂糖
カロリー

(1g当たり)

約2kcal 約4kcal
甘味度 オリゴ糖は砂糖の約半分の甘味度
腸内細菌への影響 腸内細菌によって分解されない 腸内細菌によって分解される

 

オリゴ糖は見た目が砂糖とよく似ていますので、これらにはそれほど変わりはないと勘違いしている人が多いかもしれません。
しかし、オリゴ糖と砂糖は全くの別物です!(+_+)
では一体どんな点が違うのかというと…

 

カロリー

一つ目の大きな違いはカロリーです(+o+)
砂糖は1g当たり約4kcalなのに対し、オリゴ糖は約半分の2kcal!
なぜオリゴ糖のほうが低カロリーなのかというと、オリゴ糖は腸内細菌によって分解されないため、栄養素として利用することができないからだとか。

 

甘味度

2つ目は甘味度の違いです。
オリゴ糖は多少の甘さはあるものの、砂糖に比べるとその甘味度は約半分程度。

 

ですから、ダイエットのためにオリゴ糖で甘味を付けようとしても、なかなか思うような味付けにならない場合が多いようです。
これが原因で規定の量より多く使ってしまう場合が多いらしいので、オリゴ糖のみで甘味を付けるのはやめたほうがいいかもしれませんね!
あくまで砂糖に付け足してくらいがベストでしょう♪

 

腸内細菌への影響

3つ目は、砂糖は腸内細菌によって分解され胃や腸で栄養素になって体に吸収されますが、オリゴ糖は腸内細菌には分解されず体に吸収され難い性質です。
同じ糖類でも全く性質が違うわけですね。

 

難消化性と消化性の違い

難消化性 消化性
血糖値抑制作用
整腸作用

 

オリゴ糖は難消化性と消化性に分かれるのですが、これらの違いは何かご存知ですか?
難消化性とは、小腸で消化吸収がされず栄養素になり難いため摂取しても血糖値が上昇しにくい性質です♪
また、善玉菌を増やす働きだけに集中する性質なのだとか!

 

さらに腸内の水分を保持することで便を柔らかくして排便をスムーズにする効果もあります。

 

一方の消化性は、小腸で消化吸収されやすく、血糖値を上げやすくするそうです(+_+)
整腸作用へも緩やかですが効果はありますが、難消化性に比べると効果を実感するまでに時間がかかりやすい性質もあります。

 

オリゴ糖の効果

 

では、オリゴ糖にはどのような効果が期待できるのでしょうか?
効果に関しては少し知っているという人も多いですよね?
でもよくは知らないのでもっとよく知りたい!という人にために、ここではオリゴ糖の効果を細かく探ってみたいと思います♪

 

便秘解消や整腸作用

 

摂取したものを消化吸収して腸内環境を正常にする重要な役割をもっているのが善玉菌なのですが、オリゴ糖は善玉菌のエサになるため、腸内で悪玉菌と戦って勝てる強い善玉菌を増やすことができるといわれています♪
結果、腸内に善玉菌がどんどん増え便秘の解消や整腸作用が期待できるというわけです。

 

美容やダイエット効果

 

腸内に悪玉菌が多いと悪玉菌が出す毒素によって肌の新陳代謝が衰えてしまい、肌荒れなどのトラブルが生じがちです。
そんな時オリゴ糖を摂取すると腸内環境を良好になり、腸内の悪玉菌が減って肌荒れ改善効果が期待できるそうです(^^)

 

また、オリゴ糖は吸収され難く低カロリーなので、ダイエット中の人にとっては頼もしい味方になってくれるでしょう♪
オリゴ糖を上手に使うことで、全て砂糖の甘味よりも大幅なカロリーカットが期待できますからね。

 

血糖値抑制効果

 

血糖値の抑制効果に関しては先ほども少し述べましたが、オリゴ糖は胃や小腸で吸収され難い性質があるため、血糖値の急激な上昇を抑制する効果が期待できます(^^)

 

オリゴ糖の代表的な種類

 

次に、オリゴ糖にはどのような種類があるのかを紹介したいと思います。
オリゴ糖に興味がある人なら目にしたことがある名称ばかりだと思うので、それぞれどんな特徴があるのかも知っておきましょう!

主成分 効果
ガラクトオリゴ糖 母乳や牛乳 ・整腸作用
・虫歯予防
フラクトオリゴ糖 ショ糖 ・整腸作用
・虫歯予防
・血糖値抑制
イソマルトオリゴ糖 でんぷん ・整腸作用
乳果オリゴ糖 ショ糖や乳糖 ・整腸作用
・ダイエット
・免疫力アッ
・血糖値抑制
ラフィノース 甜菜 ・整腸作用
・ダイエット
・免疫力アップ
・アトピー改善

 

ガラクトオリゴ糖

 

乳製品に含まれるガラクトースが主成分で、消化酵素には消化され難くビフィズス菌の増殖やタンパク質の消化吸収を促す効果が期待できます。
母乳や牛乳などに含まれます。

 

フラクトオリゴ糖

 

主成分はショ糖で、ビフィズス菌の増殖や虫歯予防に効果的だといわれています。
また、免疫力の向上にも効果的だといわれ、低カロリー甘味料として使用されるケースが多いようです。
アスパラガス・ニンニク・タマネギ・ゴボウなどに多く含まれています。

 

イソマルトオリゴ糖

 

グルコースが繋がった分岐構造で、熱や酸に強く防腐作用も期待できます。
このため、保存食に用いられることもあり腸内環境を整える働きも優れています♪
ハチミツ・味噌・醤油などに含まれています。

 

乳果オリゴ糖

 

別名ラクトスクロースやミルクオリゴ糖と呼ばれ、発酵ヨーグルトに少し含まれている程度で天然の素材からの摂取は難しいといわれています(+_+)
善玉菌の増殖・免疫力アップ・便秘解消になどに効果的だといわれ、オリゴ糖の中で一番甘味が強いという特徴があります。

 

ラフィノース

 

甜菜の糖蜜から分離されたもので、お腹の調子を整えるオリゴ糖の一種です。
他にも、アトピー性皮膚炎の緩和・免疫力アップ・肝機能強化などにも効果的だといわれています。

 

オリゴ糖の副作用と注意点

 

ここでは目を逸らすわけにはいかない副作用や、摂取する際の注意点などについてまとめてみました。
まず副作用ですが、オリゴ糖は天然の素材などから摂取する成分なので副作用の心配はないといわれています(^^)

 

しかし、摂取の際の注意点はあります!

それは、一度に過剰摂取をしないということ。

オリゴ糖の一日の安全な目安量はおおよそ5〜8g程度だといわれています。

これはあくまで目安ですので多少の前後はOKなのですが、はじめから倍の量を摂取したりするのは避けてください!

 

なぜなら、急に大量に摂取することで消化され難い性質のためお腹が張ったり緩くなったりする可能性があるからです。
よく「オリゴ糖を摂取したらお腹が緩くなったのでこれは副作用だ!」と勘違いをする人がいますが、これは副作用ではなく大量摂取が原因です。

 

消化されにくい性質のものをたくさん食べ過ぎて、お腹が苦しくなって下痢をしたなんていう経験はありませんか?
これはずばりオリゴ糖も同じなのです!

 

ですから、こんなことにならないためにも決められた安全な摂取量を守るようにしましょうね♪

 

オリゴ糖の選び方とポイント

 

オリゴ糖を摂取するにはサプリメントからが一番効率が良いと思いますが、選ぶ際にどんなことに注意していますか?
どうせ購入するなら誰でも少しでも良い商品を選びたいですよね?
そんな時にどんな点に注意すればいいのかを調査してみました♪

 

継続しやすいオリゴ糖サプリを選ぶ

 

サプリメントはどんな商品でも同じですが、とにかく継続が大事です。
ですから、オリゴ糖サプリを選ぶ場合も少しでも継続しやすいものを選ぶ必要があるでしょう。

 

例えば、低価格・高品質・定期的に自宅まで届けてくれるなどです。
いくら良い商品でもあまりに高額ではどうしても継続は難しいですし、だからといって低価格でも品質が悪いものは嫌ですよね。

 

個人的に一番おすすめなのは、多少高額でも定期購入で割引になる高品質のものです♪
定期購入なら自然と継続できるようになっていますから、これが一番良いでしょう♪
後は、口コミや評価などを参考にしてみるのもおすすめですよ。

 

効果的なオリゴ糖成分配合のサプリを選ぶ

 

サプリメントを購入するというのは、それなりの効果を期待しているからだと思います。
ですから、何の効果も期待できないようなものは誰でも購入したくないですよね?

 

オリゴ糖配合のサプリを選ぶ時は、自分が主にどんなことに効果を得たいのかをハッキリさせておく必要があるでしょう。
例えば…

 

とにかく便秘を解消したいと思う人の場合

便秘解消に効果のあるオリゴ糖成分

(フラクトオリゴ糖・イソマルトオリゴ糖・ガラクトオリゴ糖など)

 

少しでもいいから痩せたいと思っている人の場合

ダイエット効果のあるオリゴ糖成分

(フラクトオリゴ糖・ラフィノースなど)

 

オリゴ糖にも様々な種類がありますから、どのオリゴ糖が自分の気になっている症状に効果的なのかを知り、そのオリゴ糖が配合されたサプリメントを選ぶようにしてくださいね (^^)

 

まとめ

 

オリゴ糖にはどんな特徴があるのか、少しは理解していただけたでしょうか?
今まであまりオリゴ糖について知らないまま、オリゴ糖サプリや乳酸菌サプリを摂取していたという人にとっては、意外な情報もあったかもしれませんね。
過剰摂取にさえ気を付けていればオリゴ糖はとても体のために良いので、今後も意識して取り入れていきましょう。

 

こちらの記事もあわせて読まれています

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ