ビフィズス菌とは?その効果

もっとも有名な乳酸菌・ビフィズス菌

あなたは、乳酸菌と言えば、どんな名前の菌を思い浮かべますか?

 

おそらくほとんどの人が、ビフィズス菌を真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。

 

そう、乳酸菌の種類は数多くありますが、ビフィズス菌はその中でも知名度ナンバーワンの存在。「ヨーグルトに多く含まれている」「乳酸菌の薬にも使われている」などといったことから、この名を目にする機会がとても多いのです。

 

乳酸菌(ビフィズス菌)の働きとは?

腸内環境を整えるために一体どのような働きをビフィズス菌が行っているのでしょうか?

 

まず腸内環境が乱れるということは、排便がうまくできなかったり、または下痢を引き起こしたりなどの排便がうまくいかないと感じる人が多いと思うのですが、腸内では排便されない状態の食べカスなどが消化されずに溜まっている状態が大腸まで届くと、悪玉菌がこの消化されない物質を元に増えてきだして、有害物質へと変化します。

 

この有害物質が便秘や下痢など引き起こし、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れていってしまい、腸内環境悪化→さらなる便秘や下痢、肌荒れなどを招いてしまいます。

 

そこで腸内環境を改善するために乳酸菌やビフィズス菌を摂取すると、有害な悪玉菌を減少させ、善玉菌の活躍をサポートしてくれます。このことで腸内での悪玉菌と善玉菌、どちらの菌にもありえる「日和見菌」のバランスをコントロールし、腸内環境を整える作用へと繋がります。

 

ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

ビフィズス菌は、もともと赤ちゃんの時からお腹の中にある菌ということをご存じでしたでしょうか?

 

大人になるにつれて、環境へのストレスや食生活の乱れからビフィズス菌の数は減少傾向へとなりますが、それでももっとも多く腸内にある菌とされ、腸内環境にも適している菌と言われています。

 

腸内で生息している数として、乳酸菌の数が、1/10000〜1/100以下に対して、ビフィズス菌は1〜10兆個となっています。

 

違いとしては、乳酸菌は糖を分解し、乳酸を作り出すのに対して、ビフィズス菌は糖を分解して乳酸と酢酸も作り出すことが出来ます。

 

ビフィズス菌の効果の代表、便秘予防や下痢を改善する整腸作用

 

さて、乳酸菌の中でももっとも有名なビフィズス菌には、どんな効果があるのかというと・・・

 

ビフィズス菌は、乳酸菌の中でも、特に「腸の働きを整える整腸作用にすぐれている」という点が有名ですね。

 

ビフィズス菌の整腸作用は、便秘に対して効果的なだけでなく、軟便・下痢などにも対応できるという万能ぶり。

 

だからこそ、整腸剤にもビフィズス菌が配合されているわけです。

 

ビフィズス菌は免疫機能の調整効果も期待できる!

 

 

ビフィズス菌の効果と言えば、免疫機能に対する効果も見逃せません。

 

ビフィズス菌は、数ある善玉菌の中でも、悪玉菌を抑える力がかなり強い部類に入る存在ですので、ビフィズス菌の摂取は「悪玉菌による免疫力の低下」を防ぐことができる、という効果も期待できるんですよ。

 

アトピーやアレルギーの緩和抑制効果

 

また、免疫バランスが崩れると「免疫機能が特定の物質に過剰反応する」というアレルギー反応を起こしやすくなってしまうものですが、ビフィズス菌による免疫調整効果は、こうしたアレルギーの抑制も期待できる、と評価されています。

 

もちろん、アレルギーの原因はさまざまですので「ビフィズス菌を摂れば必ず改善する」というわけではありませんが、ビフィズス菌がアレルギー反応が起こるメカニズムの一部を抑制してくれることは事実です。

 

ですから、アレルギー症状が気になる人は、ビフィズス菌配合のサプリなどをしばらく試してみる、というのをやってみる価値は、大いにあると言えるでしょう。

 

アレルギーに効果が出れば、それこそ万々歳ですし、もしアレルギーそのものに効果がなかったとしても、整腸などの健康効果は期待できるわけですから、ビフィズス菌を摂取して損をする、ということはありません。

 

ビフィズス菌摂取で実験結果としても認められる「花粉症予防」

 

免疫力がアップすることでアトピーやアレルギーへの緩和抑制効果の他にも、最近注目されている効果として「花粉症予防」があります。
花粉症の時期になるとテレビでも毎年、緩和できる方法など取り上げられていますよね。

 

実際に花粉症患者に実験として、スギ花粉が飛び始める約1か月前からビフィズス菌を摂取してもらった結果、摂取していない人と比べて自覚症状が緩和され、花粉症と関係する炎症血中マーカーでも改善効果が認められると発表されました。

 

しかしこの結果のポイントは事前に摂取するとこと、ビフィズス菌の中でも「BB536」を摂取するということになります。
ビフィズス菌にはたくさんの種類があり、効果効能もそれぞれ違ってくるため症状にあう乳酸菌、ビフィズス菌を摂取することが大切になります。

 

その他にも注目されるビフィズス菌の効果とは?

 

さまざまな効果があるビフィズス菌ですが、女性にとってうれしい効果として「美肌」ではないでしょうか?
腸内環境の乱れで肌荒れや肌のくすみを引き起こしますが、反対にビフィズス菌を摂取することで、ビタミンB群を生産し、吸収率を上げる効果や、大腸内でビタミンKと合成することで、血液を凝固しにくくする働きにより、肌の血行を促進し、クマやくすみを解消する効果もあります。

 

さらに、最近では乳酸菌を配合した美容化粧品も登場し、肌や唇のうるおいを生み出す働きを担いつつ、肌の常在菌でもある表皮ブドウ球菌を増殖させる効果が注目されています。

 

その他には、ダイエットにもビフィズス菌は効果的と言えます。

 

「高脂肪食を食べると腸管バリア機能が破壊され、炎症性物質が体内を循環して肥満がひきおこされる」と言われていますが、「ビフィズス菌B-3」を摂取することでこの腸管バリア機能の破壊を防ぎ、保護することで肥満抑制効果があることがわかりました。

 

食べても太らない上に、腸内環境を整えることで代謝が上がり、ダイエットへも効果的とされるビフィズス菌、腸内環境を整えて健康的な生活を取り戻してみませんか?

 

ビフィズス菌の関連記事

 

さまざまな効果のあるビフィズス菌の中でも便通に関する効果改善が気になる人に!
ビフィズス菌をたっぷり配合しているサプリメントをご紹介します♪

 

森下仁丹のヘルスエイド ビフィーナS 効果と口コミ 体験談も紹介

 

ビフィズス菌サプリをおすすめ順にランキングでご紹介!ビフィズス菌サプリを選ぶポイントや乳酸菌との違いもまとめています。
ビフィズス菌サプリをおすすめ順にランキング!効果や選ぶポイントは

 

ビフィズス菌の中でもどれが一番効果があるのか、購入に迷っている方の気になるポイントでもある「飲みやすさ」から「実際に飲んでいる人の口コミ」まで!
乳酸菌サプリの中でも人気のある「ヘルスエイドビフィーナ」と「BB536」をとことん比べてみました!

 

ビフィズス菌の乳酸菌サプリを徹底比較!ビフィーナVSBB536

 

お腹の調子がどうも良くない。急に痛くなる下痢をなんとかしたい!下痢がおこる原因は何?
そんな時に飲んでほしいおすすめ乳酸菌サプリをご紹介します。

 

乳酸菌サプリで下痢の改善 ビフィズス菌でお腹を整えよう

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ