乳酸菌 コレステロール

乳酸菌でコレステロールが下がる?!なぜ抑制できるの??

乳酸菌の効果として良く知られているのが整腸作用。それ以外にも乳酸菌には様々な効能があります。その一つがコレステロール値を下げる効果です。今回は乳酸菌でコレステロール値が下がる理由についてご説明しましょう。

 

コレステロールって何?

コレステロールは細胞膜や筋肉、ホルモンなどの原材料となる成分であり、私達が生きていく上では欠かせないものです。

 

しかしコレステロール値が高くなると、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病や成人病を発症しやすくなります。コレステロールは多すぎると病気になり、少なすぎると血液成分のバランスが崩れて赤血球や細胞膜が破れやすくなってしまうこともあります。

 

つまりコレステロール値を適正な値にコントロールすることが重要になります。

 

乳酸菌がコレステロール値を下げるメカニズム

インスタント食品やファーストフード、外食などで脂っぽい食事を続けていると、体内のコレステロール値は増加します。

 

体内で増加したコレステロールを体外に積極的に排出させる働きがあるのが乳酸菌なのです。コレステロールは腸から血液に吸収されて、体全体を巡り、最終的には胆嚢に吸収されます。

 

乳酸菌を摂取れば、コレステロールは腸管内で乳酸菌に吸着され、そのまま体外へ排出されるのです。乳酸菌を継続的に摂取した人は、コレステロール値の低下傾向が実験でも認められており、高い効果が期待されています。

 

コレステロールの量を調節する機能もある乳酸菌

乳酸菌はコレステロールを吸着して体外へ排出するだけではなく、コレステロール量の調節機能も持ち合わせています。

 

乳酸菌をたくさん摂取してしまうと、体内に存在する必要なコレステロールまで排出されてしまうのでは?と考えてしまいますよね。

 

しかしその心配はご無用。乳酸菌には、コレステロールが減りすぎるのを防ぐ働きがあり、体内でのコレステロール値の調節機能があるのです。

 

乳酸菌サプリナビトップへ

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ