善玉菌を増やして便秘や免疫力をアップ!善玉菌の種類や効果を調査!

善玉菌を増やして便秘や免疫力をアップ!善玉菌の種類や効果を調査!

善玉菌は腸内に棲みついている細菌の中の一つとしてよく知られていますよね♪
しかし、善玉菌を腸内に増やすことでどのような効果が得られるのかをご存知ですか?

 

よく知らないけど何となく体に良さそうだから増やしたい!
このような人が多いのではないでしょうか。
そこで、よく知らない人のために善玉菌について様々なことを調査した結果を紹介したいと思いますので、興味がある方は目を通してみてくださいね♪

 

善玉菌を増やすことのメリット

 

始めに、善玉菌を腸内に増やすことでどのようなメリット得られるのかについてまとめたいと思います♪
善玉菌の働きをあまりよく知らないという人には必見ですよ(^^)
善玉菌についてよく知って、ますます興味を深めていただけたらと思います。

 

便秘解消

 

腸内に悪玉菌が増えることで腸内環境が悪化すると、便秘などの不快な症状に悩まされやすくなるといわれています。
これは腸内がアルカリ性になっていて、日和見菌が悪玉菌に加勢している状態なのだとか。
改善するためには腸内環境を改善する必要があります!

 

こんな時に役に立つのが善玉菌♪
善玉菌は腸内を酸性に保ち健全さを保つ働きがあるからです。
悪玉菌は酸性が苦手だといわれていますから、善玉菌が増えて腸内が酸性になることで悪玉菌が繁殖できなくなるというわけです。

 

免疫力向上

 

人の血液の中の一種である白血球には、異物を攻撃するNK細胞や異物を食べてくれる大食細胞(マクロファージ)などが存在しています。
異物とはウイルスやがん細胞などが考えられますが、これらをできるだけ防ぐためには免疫力を向上させる必要があります。
善玉菌には大食細胞などの働きを高める効果があるといわれ、その結果免疫力向上も期待できるというわけです♪

 

ダイエット

 

善玉菌には腸内環境を良好にする働きがありますから、摂取することで腸の代謝機能が上がり消化吸収がスムーズに行えるようになります♪
消化吸収がスムーズになると余分なものが溜まり難くなり、体に脂肪が付き難くなるのだとか!(@_@)
つまり、善玉菌はその場しのぎのダイエットではなく、根本的なダイエット(体質改善)が期待できるということなのです。

 

ちなみにやり方はとても簡単♪
善玉菌を含んでいるものをできるだけ多めに摂取するだけでOKなのです(^^)

 

善玉菌を増やすには腸内環境を整えることが大切

 

腸内には善玉菌だけではなく、悪玉菌や日和見菌なども存在しています。
善玉菌は体に良い影響を与えてくれますが、悪玉菌は悪影響を与えるといわれているため、腸内に善玉菌を増やすにはまず悪玉菌を減らす必要があるのです(+o+)
そして、日和見菌も腸内環境を整えるうえでとても重要だといわれています。

 

なぜなら、腸内に多く繁殖しているどちらかの細菌に加勢し繁殖を助けると働きをするからです(@_@)
つまり、腸内に善玉菌が多ければ善玉菌に加勢し、悪玉菌が多ければ悪玉菌に加勢するということ。

 

では、どうすれば善玉菌を効率よく増やすことができるのでしょうか?
具体的な方法を紹介していきたいと思います(^^)

 

善玉菌を増やす食べ物を摂取する

 

先ほども少し述べましたが、善玉菌を増やすには善玉菌を増やす食べ物を摂取することが効果的です♪
では、善玉菌を増やす食べ物とはどんなものなのか?
調査した結果…

 

納豆などの発酵食品

 

発酵食品はちょっと苦手。
このような人は結構多いですよね?
しかし!
善玉菌を増やすために発酵食品はとても有効なのです♪

 

例えば、納豆・漬け物・キムチ・味噌・ヨーグルト・チーズなどがあげられます。
これらが苦手という人は、善玉菌を増やすためにも食べられるようにしましょう(^^)

 

ヨーグルトなどの乳製品

 

次におすすめなのは乳製品です♪
ヨーグルトやチーズは発酵食品でもあり乳製品でもあるため、善玉菌を増やすためには本当におすすめだといえるでしょう(^^)
他には、牛乳も乳製品なのでヨーグルトやチーズが苦手という人は牛乳を摂取するようにしましょう!
さらに牛乳には善玉菌をサポートするオリゴ糖が多く入っているので、上手に取り入れることで腸内環境を改善できます。

 

善玉菌を効率的に増やすには成分や種類も重要

 

早速善玉菌を増やすために発酵食品などを食べよう!と思い始めた人も多いでしょう。
しかし、ちょっと待ってください!(@_@)

 

実は効率良く善玉菌を増やすためには摂取する成分や菌の種類も重要なのです。
理由は、人によって腸内に存在する細菌の数や種類は異なっているため、せっかく摂取しても自分に合っていないものだと体の外に追い出されてしまう可能性があるからです(T_T)

 

これでは全く意味がないですよね。
こんな事にならないためにも、まずは自分に合った善玉菌を見つけ出す必要があるということですね。
どうすれば探し出せるの??

 

ほとんどの人がこう聞きたくなると思いますが、見つけ方は非常に単純なやり方です♪
気に入った食品やサプリメントを2週間ほど継続して摂取するだけ!
その結果、便通や便の質が改善したと感じられた場合は自分に合った菌だといえるでしょう。

 

善玉菌の種類

 

では、善玉菌にはどのような種類があるのでしょうか?
自分に合った善玉菌を見つけ出す前に、どのような種類があってどんな効果が期待できるのかを知っておくことは大事です。
比較的知名度の高い菌についてまとめてみましたので、自分に合った善玉菌を探したい人は注目してください(^^)

 

乳酸菌は善玉菌の代表格

 

善玉菌といえば乳酸菌!といえるくらい乳酸菌はポピュラーですよね♪
しかし、乳酸菌には本当に多くの種類がありますから、試すとしてもどれを選んだらいいのか分からないのではないでしょうか。
そこで、ここではおすすめの乳酸菌やその乳酸菌が配合されているサプリメントなどを紹介しますので、購入の参考にしてみてくださいね♪

 

フェカリス菌

 

フェカリス菌はヒト由来の乳酸菌の一種で、商品化するにあたり生菌ではなく死菌を使用するという特徴があります。
とても小さな菌でが腸の細かい部分にまで入り込めるため、腸内環境を整える働きがとても優れた菌です。

 

効果 ・花粉症やアレルギー症状の緩和
・整腸作用
配合商品 EC-12乳酸菌サプリメント(久光製薬)

 

L-92乳酸菌

 

L-92乳酸菌は「カルピス」の長年の研究から選び出された独自のヒト由来の乳酸菌です。
細長い形で牛乳やヨーグルトなどの一般的な乳製品には含まれていないため、貴重な乳酸菌だといえるでしょう。
アレルギー症状を引き起こすIgE抗体の生成を抑えることでウイルスに対抗するIgA抗体を増やす効果が期待されています。

 

効果 ・アトピー性皮膚炎の改善
・花粉症症状の緩和
・アレルギー性鼻炎の緩和
配合商品 アレルケア(カルピス)
守る働く乳酸菌

 

ラブレ菌

 

ラブレ菌は植物性の乳酸菌の一種で、漬け物などに含まれ塩分や酸などにも負けない強さのある乳酸菌です。
このため、腸内でも生き抜くことができ様々な健康効果が期待でき、一部の更年期障害(肩こり・冷え・腰痛)にも改善効果があるとされています。

 

効果 ・免疫力強化
・インフルエンザ予防
・整腸作用
配合商品 植物性乳酸菌ラブレ(カゴメ)
ラクトフェリン+ラブレ(ライオン)

 

R-1乳酸菌

 

R-1乳酸菌はヨーグルトを作る際に使われるブルガリア菌の一種で、お腹の中でEPSという免疫力を活性化させる多糖体を作りだす働きをします。
ガン細胞をやっつけるNK細胞を活性化することで免疫力を高め、インフルエンザや風邪などの感染症のリスクを下げて症状を軽減させる働きが期待できます。

 

効果 ・免疫力強化
・インフルエンザ予防
・ガン細胞抑制
配合商品 明治プロビオヨーグルトR-1 強さを引き出す乳酸菌(明治)

 

乳酸菌シロタ株

 

乳酸菌シロタ株はヤクルトが発見した乳酸菌で、シロタは生み出した医学博士の名前の一部を引用しています。
胃酸や胆汁などの強い消化液にも負けず、生きたまま腸に到達することができる性質をもっています。

 

効果 ・整腸作用
・免疫力強化
・大腸ガン予防
・感染症予防
・小児急性下痢の予防
配合商品 ヤクルト400やヤクルト400LTなど

 

LG21乳酸菌

 

LG21乳酸菌は胃酸に強い性質で、生きたまま胃の粘膜に付着し長時間とどまることができる乳酸菌です。
また、胃がんや胃潰瘍の原因にもあるピロリ菌に対抗する効果が期待でき薬と違って副作用の心配がない部分も特徴になります。

 

効果 発ガン要因であるピロリ菌の除去
配合商品 明治プロビオヨーグルトLG21 リスクと戦う乳酸菌(明治)

 

プラズマ乳酸菌

 

プラズマ乳酸菌はプラズマサイトイド樹状細胞をもとに付けられた名前で、キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオが共同開発した乳酸菌です。
これまでの乳酸菌には一部の免疫細胞にしか活性化できなかった部分を、プラズマ乳酸菌はすべての免疫細胞を司る「PDC免疫細胞」に働きかけ、同時に他の免疫細胞も活性化させる重要な役割を果たしている菌でもあります。

 

効果 ・免疫細胞の活性化
・インフルエンザ予防
・ロタウイルス感染症状の緩和
・アンチエイジング効果
配合商品 IMUSE(イミューズ) (協和発酵バイオ)

 

PA-3乳酸菌

 

PA-3乳酸菌は明治独自の研究で選ぶ抜かれた乳酸菌で、プリン体と戦うことができるといわれています。
細長い形で、正式名称は「ラクトバチルスガッセリーPA-3」といい、体内に入るプリン体を分解して、尿酸値の上昇を抑制する効果があります。

 

効果 ・尿酸値の上昇抑制
・痛風予防
配合商品 明治プロビオヨーグルトPA-3 プリン体と戦う乳酸菌(明治)

 

ビフィズス菌は善玉菌の主役的存在

 

続いて、善玉菌の主役といっても過言ではないビフィズス菌の種類や配合商品などについてです(^^)
乳酸菌と同様いくつかの種類を紹介しますので、気になる人は注目してみてくださいね♪

 

ビフィズス菌BB536株

森永乳業から発見されたビフィズス菌BB536株はいままでのビフィズス菌の弱点といえる熱や酸、酸素に弱い部分を克服したビフィズス菌になります。
いまでは世界中で製品化されるほど安全性の高さポイントですが、効果も幅広く、整腸作用はもちろんのこと、インフルエンザ予防や、潰瘍性大腸炎の緩和効果や骨密度の増強にも有効とされています。
引用:http://bb536.jp/morinagamilk/index.html

 

効果 ・整腸作用
・インフルエンザ予防
・潰瘍性大腸炎の緩和効果
・骨密度の増強
・コレステロール低下
・大腸がん予防
配合商品 ビヒダスBB536(森永)
バイタルフローラ(ライザップ)
ビフィリゴ10000(ファインベース)

 

ビフィズス菌Bifix

 

ビフィズス菌Bifixはグリコが健康な大人の腸から発見したヒト由来のビフィズス菌です。
Bifixは一度摂取すると生きたまま腸まで届いて体内で増殖するという特徴があります。

 

さらに悪玉菌の増殖を抑え、ウイルスから体をも守るという短鎖脂肪酸を作る能力を高めます。
短鎖脂肪酸は脂肪を貯めこまない効果があり、メタボ対策にも有効と言われています。
引用:http://www.glico.co.jp/laboratory/bifix/03-1.html

 

効果 ・腸内環境の改善
・便秘解消
・メタボリックシンドローム対策
配合商品 ビフィズス菌Bifixシリーズ(グリコ)

 

ビフィズス菌Bb-12株

 

ビフィズス菌Bb-12株は1985年から世界的に利用されており、日本では特定健康用食品の関与成分として認められています。
胃酸などの非情に強い酸性にも耐えられるため、生きたまま大腸や小腸に到達することができます。

 

効果 ・免疫力強化
・アトピー性皮膚炎の改善
・感染症予防
配合商品 十勝プレーンヨーグルト 生乳100(よつ葉)
Bb-12プレーンヨーグルト(古谷乳業)

 

ビフィズス菌B-3株

 

ビフィズス菌B-3株は森永乳業によって数千株の菌株の中から選ばれたビフィズス菌で、世界10ヶ国以上で特許を取得しています。
「太っている人と痩せている人の違いは腸内環境にある」ということが明らかになってからは、特に注目されている菌でもあります。
さらに体脂肪を減少させることで肝臓の機能を示すマーカーの値が約12週間で改善する効果も報告されいます。
引用:http://b-3lab.jp/power.html

 

効果 ・体脂肪、内臓脂肪の低減
・動脈硬化の抑制
・肝機能改善
・肌の保護作用
配合商品 美&スマートビフィズス菌B-3(森永乳業)

 

ビフィズス菌G9-1株

 

ビフィズス菌G9-1株は、他のビフィズス菌よりも腸内への定着率が優れたヒト由来のビフィズス菌です。
腸内で悪玉菌の繁殖を抑制し、腸内環境を良好にすることが期待できるといわれています。
またアレルギー症状を引き起こす原因となるIgEを抑制することで花粉症などのアレルギー改善効果があります。

 

効果 ・便秘解消、予防
・花粉症などのアレルギー改善
・中性脂肪低減
・コレステロール値の低下作用
・血糖値の上昇抑制
配合商品 新ビオフェルミンSビオフェルミン製薬

 

善玉菌で腸内環境改善の期間目安

 

これまでいくつかの善玉菌を増やすための菌を紹介してきましたが、どれくらい継続して摂取すれば腸内環境の改善が期待できるのでしょうか?
ここでは、善玉菌によって腸内環境を改善するために必要な期間について紹介したいと思います♪

 

便秘解消で3週間〜1ヶ月程度

 

善玉菌によって便秘を解消したい人の場合、効果の感じ方には個人差がありますが早ければ1週間程度、遅い人だと1ヶ月程度という結果が多いようです(@_@)
ですから、平均的には約3週間程度ということでしょう。

 

ひどい便秘に悩まされているからそんなに待てない!
こう言いたい人は多いかもしれませんが、体に負担をかけずに便秘を解消するためにはそれなりの期間が必要ということなのです!
焦らずに、じっくりと腸内環境が改善するのを待ちましょうね(^^)

 

免疫力や体質改善には3ヶ月程度

 

では、免疫力の強化や体質を改善したい場合はどうなのでしょうか?
調べてみた結果、更に長期間が必要だということが判明!(+o+)
何とおおよそ3ヶ月程度…

 

しかし、よく考えてみるとこれはうなずけると思います。
例えばダイエットをしても効果を実感するまでには結構時間がかかりますよね?

 

これは、運動や食事制限をした結果効果後なって表れるからであり、免疫力の強化や体質改善もダイエットと同じことが言えるのではないかと。
まずは腸内環境を整えてからようやく作用することができるため、それを考えたら3ヶ月程度は当たり前のように思いませんか?
ですから、3ヶ月も!?と驚かずにゆったりと長期戦で粘る気持ちで頑張りましょう!

 

自分に合う善玉菌を継続して摂取することが必要

 

先ほども少し述べましたが、善玉菌で便秘解消・免疫力強化・体質改善を目指す場合は、まず自分にはどの善玉菌が合っているのかを知ることが大切です。
自分に合わない善玉菌だと、効果を実感できないまま排出されてしまう可能性が高いですからね!

 

ですから、まず始めにやることは様々な善玉菌を試してみることからです♪
まずはピンッと来た善玉菌配合のヨーグルトや乳酸菌サプリビフィズス菌サプリ)を試してみて、効果が感じられたら継続して摂取していくようにしましょう(^^)

 

まとめ

 

腸内に善玉菌が増えればメリットがたくさん!
悪玉菌でいっぱいの腸内よりも、善玉菌を増やすことでカラダへの症状やさまざまなリスクも回避できる効果が期待されます。
健康のためにも自分に合った善玉菌を早く見つけて、できるだけ継続して摂取するようにしたいものですね。

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ