ヘルスエイドビフィーナは他の乳酸菌と併用するより単体がおすすめ

ヘルスエイドビフィーナは他の乳酸菌と併用するより単体がおすすめ

便通の悩みを抱えている人の中には、「もっと効果を出すために、ヘルスエイドビフィーナをほかの乳酸菌サプリと一緒に使おう!」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、基本的にヘルスエイドビフィーナは単体で飲むのがおすすめです。ほかの乳酸菌サプリと一緒に飲んで体に悪いということはありませんが、できれば単体で飲んだほうが効果を正確に実感しやすくなります。

 

ここでは、ヘルスエイドビフィーナとほかのサプリを併用しないほうがいい理由や、乳酸菌サプリの種類などについての情報をお伝えしていきます!

 

ヘルスエイドビフィーナは他の乳酸菌サプリと併用しないほうがいい理由

ロンガム種のビフィズス菌により、腸内フローラを良好にしたり、便通を改善したりする効果が期待できるヘルスエイドビフィーナ。しかし、頑固な便通の悩みを持つ人は1つのサプリでは頼りなく、ほかの乳酸菌サプリとの併用を考えるかもしれませんね。

 

ヘルスエイドビフィーナは医薬品ではないため、基本的にほかのサプリや便秘薬などと併用しても体に害はありません。薬を飲んでいる方は、念のため担当医や薬剤師に確認してからのほうが安心ですが、少なくとも乳酸菌サプリとの飲み合わせには大きな問題はないことがほとんどです。

 

それでも、ヘルスエイドビフィーナはできるだけ単体で飲むことをおすすめします。その理由は、おもに以下の3つです。

 

腸の動きが活発になりすぎる可能性がある

乳酸菌サプリを複数使用すると、腸が活発にはたらきすぎてお腹がゆるくなることがあります。必ずなるわけではありませんが、やはり飲みすぎには注意が必要です。

 

効果の判定がしにくくなる

ヘルスエイドビフィーナとほかの乳酸菌サプリを併用して便通が良くなった場合、どちらのサプリにどれだけの効果があったのかがわかりにくくなります。

 

特に初めてヘルスエイドビフィーナを使用する方は、単体で飲んだほうが効果を正確に見きわめることができますので、ほかのサプリは控えるようにしましょう。

 

オリゴ糖のとりすぎにつながる可能性がある

乳酸菌サプリには、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖も含まれているものが多くみられます。ヘルスエイドビフィーナもその一つです。

 

もしそのようなサプリを複数使用すると、乳酸菌だけではなくオリゴ糖のとりすぎにもつながり、人によってはおなかがゆるくなる可能性があります。

 

どうしても併用が必要な場合は、乳酸菌やビフィズス菌以外の成分についてもチェックしたいところです。

便通改善ならヘルスエイドビフィーナがおすすめ!

さまざまな乳酸菌サプリが販売されていますが、効果的に便通を改善したいなら、やはりヘルスエイドビフィーナが一番おすすめです!

 

ヘルスエイドビフィーナシリーズは、売上乳酸菌健康食品市場20年連続シェアNo.1※の実績があるロングセラー商品ですので、このことからも実力のほどがうかがえます。

※出典:富士経済「H・B フーズマーケティング便覧 1998〜2017」機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996〜2015 年実績) ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)

 

ヘルスエイドビフィーナがほかの乳酸菌サプリと大きく異なる点の一つが、「ビフィズス菌を包むカプセルの構造」です。ビフィズス菌や乳酸菌は腸管にいい影響をおよぼす一方、熱や胃酸に弱い性質があるため、そのまま摂取しても大部分が腸に行きつく前に死滅してしまいます。

 

そこでヘルスエイドビフィーナでは、せっかくの菌を生きたまま腸まで届かせるために、熱や胃酸をブロックする「ダブルプロテクトカプセル」を10年の歳月をかけて開発しました。このカプセルは継ぎ目のない「シームレスカプセル」となっている上、耐酸性の3層構造になっており、中に入った菌をしっかりと守ってくれます。

 

ビフィーナS

 

ダブルプロテクトカプセルに入ったビフィズス菌を、空腹時の胃酸に近い人工胃液の中に入れたところ、なんと90%近くが生き残ったということです!

 

ほかの乳酸菌サプリでも、菌を生きたまま腸まで運ぶためのさまざまな工夫がされていますが、ヘルスエイドビフィーナは上記のような試験で科学的にその効果が確認されています。ヘルスエイドビフィーナを製造販売する「森下仁丹」は、社名の通り仁丹で有名な会社だったため、早くから高いコーティング技術を持っていたことが大きなポイントといえるでしょう。

効果がない場合は他のシリーズを試す方法もあり

ヘルスエイドビフィーナシリーズには、現在「R(レギュラー)」「S(スーパー)」「S(スーパー)パール」「EX(エクセレント)」の4種類が販売されています。

 

ビフィーナS

 

それぞれビフィズス菌の数が違っており、ヘルスエイドビフィーナRは25億個、ヘルスエイドビフィーナSとヘルスエイドビフィーナSパールは50億個、ヘルスエイドビフィーナEXは100億個です。

 

一番人気なのは、ちょうど中間にあたるヘルスエイドビフィーナSですが、もし十分な効果を実感できなかった場合は、ほかのサプリに手を出す前にヘルスエイドビフィーナEXを試してみましょう!

 

ビフィズス菌配合量が1番多いヘルスエイドビフィーナEX

ビフィーナEX

 

ヘルスエイドビフィーナEXのビフィズス菌はシリーズ中最多ですので、それだけ高い便通改善効果が期待できます。実際、「Sではあまり効果がなかったけれど、EXに変えたら便通が改善された!」という口コミも多くみられるんです♪

 

ビフィズス菌の数が多い分、価格もシリーズ中もっとも高いのですが、公式サイトの定期おとどけ便を利用すれば、常に20%OFFで購入できます!

 

公式には、まずヘルスエイドビフィーナSから始めて、効果をみながらRやEXに切り替えることが推奨されていますので、Sでイマイチだった方はぜひEXを試してみてください。

 

それでもダメな場合は、1日の摂取量を少し増やしてみる、という方法もあります。ヘルスエイドビフィーナは、いずれも「1日1包(Sパールは1日2粒)」が摂取目安量となっているため、あまり飲みすぎるのはおすすめできませんが、1袋半や2袋に増やしてみるぐらいならそれほど悪い影響はないと考えられます。

 

不安な方は、コールセンターに電話してアドバイスを受けると安心です。

 

\ヘルスエイドビフィーナは初回限定価格で購入できる/

⇒ヘルスエイドビフィーナで便通改善を実感する

乳酸菌は便通改善効果だけじゃない!成分が重要!

「便通を良くしたいなら乳酸菌サプリ」というイメージがありますが、乳酸菌はさまざまな種類に細かく分かれており、その数200種類以上といわれています。

 

すべてが便通改善効果を持つわけではなく、それぞれはたらきが異なりますので、乳酸菌サプリを併用する場合はその点にも注意が必要です。

ダイエット効果にはスマート乳酸菌やビフィズス菌

もしダイエット効果を期待するなら、「スマート乳酸菌」や「ビフィズス菌」が役に立ってくれます。

 

スマート乳酸菌は、丸善製薬が保有している乳酸菌で、緑茶に含まれるカテキンの吸収力をアップするはたらきが確認されています。

 

カテキンと同時摂取することで、内臓脂肪の減少効果が高まるため、ダイエットに効果があるとして今大きな注目を集めている乳酸菌です。現在、複数の会社からサプリメントが発売されています。

 

また、ビフィズス菌も乳酸菌と同じく数多くの種類がありますが、中でもダイエット効果があるとされているのが「ビフィズス菌B-3」というものです。これを太らせたマウスに投与したところ、体重や体脂肪の増加が抑制されました。酪酸菌と合わせることでダイエット効果を高めるサプリの「ラクビ(LAKUBI)」が口コミでも人気の商品のひとつとなります。

アトピーや花粉症対策にはリフレクト乳酸菌・L-92乳酸菌

乳酸菌の中には、アトピーや花粉症などのアレルギーに効果が期待できるものもいくつかあります。

 

たとえば、日本の大学教授がクランベリーから発見した「リフレクト乳酸菌(T-21株)」には、花粉症などのアレルギー症状を抑える効果が確認され、日清食品から「アレルライト ハイパー」というサプリメントが出ています。

 

また、カルピス由来の「L-92乳酸菌」にも、アトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性鼻炎などの症状を抑える効果が確認されており、カルピスが「アレルケア」というサプリメントを販売しています。

 

虫歯や歯周病予防の乳酸菌ならL8020乳酸菌

虫歯や歯周病の予防に効果のある乳酸菌もいます。その名も「L8020菌」です!80歳までに20本の歯を残そうという「8020運動」から名付けられました。

 

L8020菌は、日本の歯学博士がこれまで虫歯になったことのない子どもたちの唾液から乳酸菌を分離し、その中から見つけ出したものです。口腔内の環境を良好に保つ効果があるとして、現在ヨーグルトやマウスウォッシュ液、タブレットなどとして販売されています。

 

まとめ

ヘルスエイドビフィーナと、その他の乳酸菌サプリの併用についての情報をご紹介しました。

 

ヘルスエイドビフィーナは、効果を正しく判定するためにも、またオリゴ糖のとりすぎなどでおなかがゆるくならないためにも、できるだけ単体での摂取がおすすめです。もし効果が不十分だと感じられた場合は、シリーズ中もっともビフィズス菌の多い「ヘルスエイドビフィーナEX」を試したり、1日の摂取量を少し増やしたりしてみましょう。

 

また、乳酸菌といっても特徴やはたらきはさまざまですので、適当に組み合わせるのではなく、しっかりと機能性を確かめた上で上手に併用することが大切です。

 

\便通改善するならヘルスエイドビフィーナが効果的!/

⇒ヘルスエイドビフィーナは1日100円以内で試せる

 

ヘルスエイドビフィーナの比較記事はコチラ

ヘルスエイドビフィーナを試してみたいけど、どれを選んでいいのか迷っている人に!それぞれの違いをわかりやすくまとめてみました。

 

ビフィーナ比較

 

ヘルスエイドビフィーナの他の商品も紹介しています。

【徹底比較】ヘルスエイドのビフィーナシリーズの違いを比べてみた!
ヘルスエイドビフィーナEXの威力!効く人効かない人の違いは?
森下仁丹のビフィーナS 効果と口コミ 体験談も紹介
ヘルスエイドビフィーナRが口コミでも大好評!効果や価格の違いは?
口コミでも人気のヘルスエイドビフィーナでカンジダ対策!改善方法は
ヘルスエイドビフィーナは効果なし?悪い口コミからわかる原因と対策
ヘルスエイドビフィーナを格安で購入するには定期購入がおすすめ!
ヘルスエイドビフィーナの解約方法が知りたい!解約条件や返品交換は

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ