乳酸菌の寿命と腸内細菌の数

乳酸菌の寿命と腸内細菌の数

 

実は私たちの仲間(乳酸菌)の寿命はとっても短いんです。
でもみんな一生懸命に働いています!!短い間だけでもみんなが健康に過ごせるようにと悪玉菌と戦っています。

 

今回は乳酸菌の寿命と腸内の私たちの仲間(乳酸菌)、悪玉菌、日和見菌がいったい
どれぐらいの数がいるのかを紹介します。


 

 

乳酸菌の寿命はどのくらい?

乳酸菌は、腸内環境を整えるために、毎日摂取することが望ましい、とされていますが、そもそも「どうして毎日摂取しなければいけないのか」という疑問が出てきますよね。

 

その答えは「乳酸菌は寿命が短いから」です。
乳酸菌の寿命は、その種類にもよりますが、おおむね3日〜1週間程度。それ以上の日が経てば、もうほとんどは死滅してしまいます。

 

ですから、たった1日、乳酸菌の摂取をサボっただけでも、腸内の乳酸菌は何割か減ってしまう、と考えられるのです。

 

 

そんな理由があるから、「毎日たくさん乳酸菌を摂取しても毎日補給してあげる(仲間を助けに行く)必要がある」ということになるわけですね。


 

⇒こちらのページで乳酸菌が豊富なサプリをランキング形式で紹介しています!

 

腸内細菌の数はどのくらい?

乳酸菌の数と種類
人間の腸内に住む腸内細菌はこのようになります。

乳酸菌などの善玉菌
ウェルシュ菌などの悪玉菌
バクテロイデスなどの日和見(ひよりみ)菌

という3種類に大別される、というのは多くの人が知っていることですが、これらすべての腸内細菌の数って、いったいどれくらいあるか、ご存知ですか?

 

腸内細菌の数についての説はいくつかありますが、現在のところ、「おおむね100兆個前後」という説が有力です。
「人間の体は、約60兆個の細胞でできている」とよく言われますが、腸内細菌の数は、そんな人間の総細胞数よりも多い、というわけです。そう考えると、すごい数字ですね。

 

ちなみに、健康な人の腸内細菌のバランスは、

善玉菌が約2割
悪玉菌が約1割
日和見菌が約7割

というような状態だと言われています。

 

つまり、健康な人の腸内には、20兆個前後の善玉菌が存在している、ということになりますね。
あと、腸内細菌の種類についても、「善玉・悪玉・日和見」という簡単なタイプ別に分けると、たったの3種類しかないように思えてしまいそうですが、それぞれの細菌の種類を細かく見ていくと、ざっと数百〜数千種類が存在する、と言われています。

 

たとえば乳酸菌にしても、単に「乳酸菌」というひとつの種類の細菌があるのではなく、「ビフィズス菌」「乳酸菌R-1」「乳酸菌シロタ株」「ラブレ菌」などをはじめとした、かなり数多くの種類が存在しているのです。

 

最新の研究結果では、腸内細菌の数が変化している?

 

以前は、人間の腸内細菌の数として「おおむね100億個」となっていましたが、最近の研究結果ではさらに増えて「500兆〜1000兆個」と言われています。

 

どうしてそんなに急激に増えたのでしょうか?

 

実際には「増えた」のではなく、以前はウンチの中になる腸内細菌の数を培養して調べていましたが、菌は一度酸素に触れると生きていくことができないため、80%の菌がカウントされずに死滅していました。

 

しかし、現代の研究では、培養せずに、ウンチの中の遺伝子から腸内細菌の数がわかるようになり、どんどんと新しい菌がみつかるようになったことで、正確な数が出せるようになったということになります。

 

その腸内細菌の数を重さにすると1kg〜1.5kgにもなり、腸内細菌の種類は1000種類以上の菌が腸内環境を整えています。

 

腸内細菌の働きとは

 

そもそも腸内細菌の数が多いことはわかりましたが、それらは腸内でどんな働きをしているのでしょうか?

 

通常、食べた物は胃酸で消化され、小腸へと送られ、その次に大腸へ流れるのですが、腸内環境が整っていると食べかすは「発酵」され善玉菌のサポートをしたりと、良い作用になるのですが、腸内環境が乱れていると悪玉菌が活躍し、食べかすを「腐敗」し、お腹にガスがたまったり、腐敗物質が腸壁から体内に吸収されて、病気を引き起こしたりする悪影響になります。

 

つまりは、食べ物の発酵を促す作用が「善玉菌」

 

腐敗を起こすのが「悪玉菌」

 

さらに、腸内バランスによって、どちらにも傾く可能性があるのが「日和見菌」となります。

 

腸内の悪玉菌が多勢になると腐敗物質は発がん物質に変化し、便秘や下痢だけではなく、免疫力の低下や、肌荒れ、さまざまな病気を引き出す可能性にもなるので、悪玉菌を減らし、腸内環境を整えるにはどうすればいいのでしょうか?

 

そのためには「日和見菌」をコントロールする必要があります。

 

普段、善玉菌が優勢な状態を保てていると、日和見菌はおとなしく特になんの悪影響もないのですが、腸内環境が崩れ、悪玉菌が優勢になると、一気に日和見菌が活発になり、悪玉菌の味方なってしまいます。

 

その結果、さらなる悪循環になるので、腸内環境を整えるために、バランスのいい食事、適度な運動が大切になってきます。

 

ストレスや睡眠不足、薬による抗生物質の服用でもバランスが崩れてしまう、繊細な腸内ですが、回復する方法も日々の環境改善や食事、積極的な乳酸菌やビフィズス菌の摂取で、悪玉菌の優勢状態から善玉菌の優勢へと変化も可能です。

 

善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%に保てている状態の便は、バナナのような形状でスルリと出てくるので、常に便の形状や状態をチェックすることで、自身の腸内環境が整っているのかわかりやすいかもしれません。

 

こちらの記事もあわせて読まれています
ビフィズス菌で腸内フローラを良好するならヘルスエイドビフィーナsが口コミでも評判の乳酸菌サプリになります。

 

もっと知りたい!腸内環境を改善させるお役立ち情報

 

赤ちゃんからお年寄りの方まで幅広く効果のあるオリゴ糖の効果とは?実際に試した方の体験談も必見です。
オリゴのおかげ ダブルサポート 高品質オリゴ糖で腸内環境改善

 

簡単手軽に作れるオリジナルレシピは腸内環境だけではなく、美肌や冷え性改善にも効果のあるレシピもあります。
腸内環境を整えて便秘解消や美肌に効果的なオリジナルレシピ3選

 

乳酸菌といえば、ビフィズス菌が有名ですが、乳酸菌とビフィズス菌は違うって知っていますか?
ビフィズス菌とは?その効果

 

腸内環境を整えるおすすめ乳酸菌サプリはコチラ

 

ビフィズス菌をたっぷり配合のヘルスエイドビフィーナS

ビフィーナS

当サイトの人気ランク ランク
価格 2980円
特徴 おならの原因の有用菌の減少を抑えるのにピッタリのサプリ。ビフィズス菌とたっぷりと配合しているので便通の改善にもとってもおすすめです。

腸内フローラをキレイにしてくれるので、腸内のおならのにおいとなる原因も一緒に改善してくれます。
私も使っているので本当におすすめできます。

⇒ヘルスエイド ビフィーナSの体験レビューはコチラ

 

1兆個の乳酸菌でおならのにおいとサヨウナラ【EC12

EC12

当サイトの人気ランク ランク
価格 1,810円
特徴

1兆個の乳酸菌を配合することでおならのにおいの原因となっている環境を一気に改善してくれます。
乳酸菌が減って活動が弱くなっている腸も悪玉菌が多くなって弱っている善玉菌もこのEC-12で乳酸菌をた〜ぷり腸に送り込むことで、腸内の環境をしっかりと改善してくれます。

⇒EC12の体験レビューはコチラ

 

善玉菌のチカラでおならのにおい解消♪

善玉菌のチカラ

当サイトの人気ランク ランク
価格 1,950円
特徴 1粒に20億個もの力強い乳酸菌を配合している善玉菌のチカラ

腸内の悪玉菌の活性やにおいの原因の有用菌の減少を減らしてくれます。

⇒善玉菌のチカラの体験レビューはコチラ

 

その他にも腸内環境が改善された体験談はコチラ

 

乳酸菌革命 ピュアラクト体験
ケフィアのチカラ カルグルト

 

乳酸菌サプリナビトップへ

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ