口コミでも人気のヘルスエイドビフィーナでカンジダ対策!改善方法は

   このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘルスエイドビフィーナがカンジダ症に有効?カンジダに有効的な乳酸菌は?

 

カンジダ症という感染症をご存知でしょうか。
名前は聞いたことがあってもどのような症状で何が原因なのかについてはよく知らない、という方が多いかもしれませんね。

 

そこで、カンジダ症とはどのような症状なのか・何が原因なのかについてや、改善が期待できると言われているヘルスエイドビフィーナの情報などについて、詳しく調べた結果を紹介しますので興味がある方はご覧くださいね♪

 

それってもしかしたらカンジダかも?詳しい症状とは?

 

まずは、カンジダ症とはどのような症状なのかについて詳しく紹介したいと思います。

カンジダ症とはカンジダ菌が増殖してしまうことが原因の感染症のことです。

カンジダ菌は健康な女性でも口内・消化管・膣などに常在しており、風邪やストレスなどにより免疫力が低下した状態の時に膣の中で増殖すると言われています!
どのような症状なのかというと…

 

  1. 膣及びその周辺の痒み
  2. 粘度が高く、白い(酒粕やカッテージチーズのイメージ)おりものが出る
  3. 膣のヒリヒリ・刺激感・熱感
  4. 膣の外部皮膚(外陰)の発疹や発赤
  5. 排尿時や性交時の痛み

 

カンジダ症は女性の約20%が経験すると言われていますので、これらの症状がある場合は早めに産婦人科を受診するようにしてくださいね!

 

カンジダ膣炎の発症原因が知りたい!

 

カンジダ菌の増殖により発症するカンジダ膣炎はどんな事が原因になるのかについても詳しく調べてみました♪

 

  1. 風邪・疲労・ストレスなどで免疫力が低下している
  2. ホルモンの変化(生理前・妊娠など)
  3. 抗生物質
  4. エイズの原因であるHIVウイルスの感染や糖尿病など

 

このように、カンジダ膣炎が発症する原因は日常生活によることが多いのです。
また、何度も再発するようなら他の疾病の可能性もあるので、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

 

この条件に当てはまる人は要注意!なりやすい人とは?


カンジダ膣炎はどんな人がなりやすいのでしょうか?

 

カンジダ菌は健康な人の皮膚・口内・消化器・膣などに常在しているのですが、全ての人が発症してしまうわけではありません。

 

その理由は、体の免疫力が大きく関わっています。
風邪などで免疫力が低下した状態の時は発症しやすくなるといわれ、男性よりも女性がかかりやすいと言われています。

 

女性ホルモンである「プロゲステロン」が増加する生理前や妊娠中は膣内が酸性に傾き、酸性を好むカンジダ菌が増殖しやすくなるのだそうです。
また、風邪などで抗生剤を使用している人は、抗生剤の影響で膣の自浄作用を担っている細菌の力が弱まるため、カンジダ菌が異常繁殖してしまう可能性があるようです。

 

そして、通気性の悪い服装をしている人も要注意で、補正下着やストッキングなどの着用により患部が蒸れた状態が続くと、カンジダ菌が繁殖しやすくなると言われています。
以上のようなことが現在当てはまっている方は、カンジダ症にかからないように十分に注意するようにしてくださいね。

 

免疫力アップが効果的!カンジダの予防方法とは?

 

カンジダを予防するには免疫力をアップさせることが効果的で、乳酸菌を摂取するとことがすすめられています。

乳酸菌は腸内善玉菌を活性化させるため腸内環境を整えてくれるからです。

腸は人体内に存在する免疫細胞の70%が集中している免疫機能の一大基地であり、腸内環境を整えることで体全体の免疫力が高まると言われています

 

カンジダに有効性のある乳酸菌はこちら

 

カンジダに有効的な乳酸菌は以下の2種類になります♪

1、アシドフィルス菌
腸内に最も多く存在する善玉菌の一種で、病原菌の繁殖を防ぎ活動を抑制してくれます。
2、PL乳酸菌
善玉菌の強力なエサとなるため、常在する善玉菌が優勢を取り戻すことに効果的な乳酸菌です。

その結果、免疫力が高まりカンジダなどの感染症の予防に繋がるのです。


カンジダの予防のためにも、これらの乳酸菌を含んだ商品を積極的に摂るようにしましょう!

 

ビフィズス菌が腸内環境を整える!

 

腸内に多種多様な腸内細菌が生息している状態を腸内フローラといいますが、これを整える役割を果たすのがビフィズス菌です!
ビフィズス菌が増加すると乳酸や酢酸などの有機酸の生産量が腸内で増加するため、腸内フローラも良好な状態になるのです。

 

アシドフィルス菌で免疫力強化!

 

アシドフィルス菌は人の口内・腸内・生殖器などに常在している菌で、酸性や酸素に強いという性質があります。
整腸作用や免疫力強化の効果があり、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させるためウイルス感染した細胞などを退治すると言われています。

 

ビフィズス菌が50億個!ヘルスエイドビフィーナSの商品詳細

 

カンジダの予防には免疫力を高めるためにビフィズス菌を摂取することがすすめられていますが、是非おすすめしたい商品があります♪
それは、ヘルスエイドビフィーナSで、腸内フローラを整えるビフィズス菌(ロンガム種)を1包に50億個も配合しているのです!

 

そして、生きたまま腸に届くように、胃酸に負けないための耐酸性の3層構造からなるハイパープロテクトカプセルに包まれています。

 

また、成分の安全性や機能性の科学的根拠・生産と品質管理基準などの厳しい条件をクリアし、機能性表示食品として扱われています。

 

 

ヘルスエイドビフィーナSは販売者の森下仁丹の中で20年連続シェアNo1で、累計販売実績が1,000万個を突破している非常に人気のある商品なのです。
気になる価格ですが、通常価格は30包入りの30日分が3,856円(税込)ですが、公式サイトからの購入限定で初回分が23%OFFの2,980円(税込)となります。

 

 

ちなみに送料も無料なので安心してくださいね♪
ヘルスエイドビフィーナsで腸内環境を整えて快適な生活を送るようにしましょう。

 

気になる成分とカンジダ治療に効果のある菌種を詳しくチェック

 

ヘルスエイドビフィーナSにはビフィズス菌のロンガム種が豊富に配合されています。
このロンガム種の効果とは、整腸作用や免疫力を高める作用などがあげられ、風邪などの感染症を防御する働きがあると言われています。

 

ですから、感染症の一種であるカンジダもビフィズス菌ロンガム種を摂取することにより発症を予防できる可能性があるのです。
他にも、アレルギーや大腸がんの予防・コレステロールを低下させるなどの効果も期待できると言われています。

 

カンジダ対策に効果的な摂取方法は?

 

カンジダ対策にはビフィズス菌が効果的なのですが、摂取する際の注意点を紹介したいと思います♪

カンジダ菌と戦うにはビフィズス菌が生きたまま腸に届き、腸内フローラを整えて免疫力を高める必要があるのです。

ですから、市販のヨーグルトの全てが効果的だとは言えず、ヘルスエイドビフィーナSのような50億個ものビフィズス菌が生きたまま腸に届く商品がおすすめなのです!

 

実際に使ってみた体験談や口コミも要チェック!

 

ヘルスエイドビフィーナSを試す前の方は、実際に使ってみた人の口コミが気になるのではないでしょうか。
そこで、参考として3件の口コミを紹介したいと思います。

・17歳女性  過敏性腸症候群の私は今まで病院に行ったり様々な薬を試したりしてきましたが、どれも効果はイマイチでした。
ネットで評判を知ってヘルスエイドビフィーナSを試してみたのですが、約1週間程度で腸の調子が良くなったと感じました!味も気に入っています。

・25歳女性  ダイエットの手助けとして飲んでいます。
あまり食べていない日でも便通がいいのでとても助かっています!

・52歳女性  酷い便秘ではないのですが、すっきりしない時が多かったので飲み始めました。
色々試した中でこれにたどり着き今では5箱目になりますが、すこぶる調子が良いです!

※一部省略しています

 

ヘルスエイドビフィーナSを実際に使ってみた人は、男性よりも圧倒的に女性が多いように感じます。
悩みは人によってさまざまですが、多くの方が効果を実感できているようです。

 

その他のビフィーナシリーズと何が違うの?

 

ヘルスエイドビフィーナには3種類があり、これらを全て含めてビフィーナシリーズと呼んでいます。
では、ヘルスエイドビフィーナSと他の2種類にはどのような違いがあるのかについて詳しく紹介したいと思います。

・ヘルスエイド ビフィーナR(レギュラー)  
生きたビフィズス菌ロンガム種が生きたまま腸に届き、腸内フローラを整えてくれる働きは同じなのですが、1包に配合されているロンガム種の数が25億個です。
比べてみるとヘルスエイド ビフィーナSよりもロンガム種の数が25億個少ないことが分かります。

・ヘルスエイド ビフィーナEX
こちらも効果的には同じなのですが、1包中のビフィズス菌ロンガム種の数が100億個と一番多くなっています。
ビフィーナRの4倍、ビフィーナSの2倍のロンガム種を配合しています。

 

ヘルスエイドビフィーナシリーズのそれぞれの違いは、R・S・EXの順でビフィズス菌ロンガム種の配合量が違うということが分かりました♪
そして、価格もロンガム種の配合量が多い順に高額となっています。

 

飲み続けても大丈夫?副作用も徹底リサーチ

 

ヘルスエイドビフィーナSはある程度の期間飲み続けないと効果が感じられない可能性もあります。
しかし、飲み続けるとなると副作用がないかが心配になりますよね?

 

調べてみた結果、ヘルスエイドビフィーナSは食品なので安心して飲むことができると分かりました!
ただ、体質や体調によっては体に合わない事が稀にあるようです。

 

また、食品アレルギーのある方は使用している原材料を確認してから飲むようにするといいでしょう。
現在他の薬を飲んでいる方は、念のためかかりつけの医師に相談してから飲むようにすると安心ですよ。

 

免疫力を高めるおすすめの乳酸菌サプリランキング

 

免疫力を高めたり便秘を改善するためにおすすめの乳酸菌サプリメントを、人気順に3位まで介したいと思います!

 

ヘルスエイドビフィーナS

ビフィーナS

 

ヘルスエイドビフィーナsは生きたままの50億個ものビフィズス菌ロンガム種が腸まで届き、腸内フローラを整えてくれます。

 

ヘルスエイドビフィーナSの公式サイトはコチラ

 

乳酸菌革命

 

できるだけ多くの種類の乳酸菌を摂取したほうが効果的という発想から作られたサプリメントで、ラクトバチルス・ビフィズス菌・カセリ菌・ラブレ菌などを配合しています。

 

乳酸菌革命の公式サイトはコチラ

 

ピュアラクトEX16

 

大豆を発酵させて濃縮したものから製造されており、免疫力を高めたり血液をサラサラにしたい方におすすめです。
赤ちゃんや高齢者などどなたでも飲むことができる商品です。

 

ピュアラクトEX16の公式サイトはコチラ

 

ヘルスエイドビフィーナSは、2017年に4107人におこなったアンケートで総合人気が1位になっています!

 

2位との差が300票以上もあり、本当に評判のいい商品だということが分かりました。

 

まとめ

 

カンジダ症を防ぐためには免疫力を高めることが大切だと分かりましたし、腸内フローラを整えるためにも今後は意識してビフィズス菌を摂取するようにしたいですね!

 

手軽に毎日生きたままのビフィズス菌を腸に届けるためにも、是非ヘルスエイドビフィーナSをお試しください。

 

ヘルスエイドビフィーナの比較記事はコチラ

ヘルスエイドビフィーナを試してみたいけど、どれを選んでいいのか迷っている人に!それぞれの違いをわかりやすくまとめてみました。

 

ビフィーナ比較

 

ヘルスエイドビフィーナの関連記事

 

ヘルスエイドビフィーナの他の商品も紹介しています。

【徹底比較】ヘルスエイドのビフィーナシリーズの違いを比べてみた!
ヘルスエイドビフィーナEXの威力!効く人効かない人の違いは?
森下仁丹のビフィーナS 効果と口コミ 体験談も紹介
ヘルスエイドビフィーナRが口コミでも大好評!効果や価格の違いは?
ヘルスエイドビフィーナは効果なし?悪い口コミからわかる原因と対策
ヘルスエイドビフィーナを格安で購入するには定期購入がおすすめ!
ヘルスエイドビフィーナの解約方法が知りたい!解約条件や返品交換は
ヘルスエイドビフィーナは他の乳酸菌と併用するより単体がおすすめ

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ