クローン病を乳酸菌でやっつける

クローン病?死にも至る怖い病気も乳酸菌でやっつけろ!

腸内疾患の一つであるクローン病が急増中!日本では現在、明確な原因や治療法も確立しておらず、寛解も困難な難病に指定されています。
そんな恐ろしいクローン病ですが、乳酸菌がクローン病治療の領域で注目を集めているようです。
今回は乳酸菌の注目すべき働きと、クローン病について焦点を当ててみたいと思います。

 

あなたもクローン病かもしれない?!

皆さんはクローン病という病気を知っていますか?
クローン羊のドリーなら知っているけど…という方は多いかもしれませんが、ドリーと異なり病気は遺伝的な疾患ではありません。
ザックリ説明すると、クローン病は消化管に慢性的な炎症を引き起こす病気です。
軽度のものだと下痢や血便、発熱などですが、炎症が酷くなると腸の狭窄や潰瘍、瘻孔(炎症が原因で粘膜部位に生じる穴)を形成し、特に10〜20代の若者が多く羅漢しています。

 

しばし大腸に限局した潰瘍性大腸炎と混同されることがあります。
しかしクローン病は口から肛門までの消化管全体にランダムで炎症が起こり、炎症部位により大腸型、小腸型そして大腸・小腸型に分類可能。
初期発見が大切になってくるクローン病ですが、自覚症状が下痢や腹痛などで単なる風邪と勘違いしてしまいがちな厄介な病気です。

 

クローン病の原因と致死率について

腹痛や下痢の苦しみだけとは限らずに、クローン病は様々な合併症を引き起こします。
酷くなると皮膚や関節部位にも慢性的な炎症をもたらす為、消化管疾患というよりは全身疾患と言えるでしょう。
クローン病の致死率は低いですが、肺血症や癌などの合併症が重篤になると死に至るケースも少なからずあります。
また術後の予後が悪いケースは人工肛門になる人も多く、なによりも早期発見と適切な治療が大切になってくるのです。

 

医学が進歩した現代でも明確な原因は未だに不明ですが、免疫機能の異常や食生活の欧米化が関与しているとの報告も出ています。
日本古来の一汁三菜と呼ばれるバランスの取れた食事から、肉食メインに移行した末の患者数増加という現実。
これは欧米のクローン病患者数が、日本の10倍以上いることからも裏付け可能な仮定と言えるでしょう。

 

乳酸菌とクローン病の因果関係を探る

腸活や美活の一環としてヨーグルトを摂取している方も多いことでしょう。
乳製品に含まれる乳酸菌ですが、なぜ乳酸菌がクローン病患者にとって有益なのか?消化管の至る所に炎症が起こるクローン病ですが、小腸から大腸にかけて頻発し、腸内細菌と密接に関わってきます。

 

いわゆる悪玉菌、善玉菌と日和見菌のバランス(悪玉菌20%、善玉菌10%、日和見菌70%が理想の状態)こそが、腸内環境を整える最低条件。
あまり知られていませんが、腸内はリンパ球が多く存在し、体全体の約60%を担う免疫中枢として機能しているのです。

 

つまり乳酸菌は腸内環境を整えることで、腸内の免疫システムをより強固にします。
少し難しい話になりますが免疫異常で誘発されたTh17細胞誘導性自然免疫細胞を妨げることで、腸内の炎症を抑え込む訳ですね。

 

似ているようで異なる潰瘍性大腸炎とクローン病ですが、大腸に炎症が起こる潰瘍性大腸炎の改善に乳酸菌は大きく貢献します。
クローン病の場合、潰瘍性大腸炎程の効能は得られないとの報告もありますが、腸内に炎症があるタイプの方にとってはトライする価値は十分あるといえるでしょう。

 

こちらの記事もあわせて読まれています
腸内フローラを良好するならヘルスエイドビフィーナsが副作用の心配もなく手軽に摂取できるのでおすすめです!

 

乳酸菌の働きとクローン病に適した菌種について

乳酸菌は炭水化物を発酵し、乳酸を生産する菌の総称で約250種以上が存在しています。
主な働きとして整腸作用や腸内を酸性に保ち、私達の健康維持にも大きく寄与しているのです。
現在様々な種の乳酸菌を含む食品がありますが、やたらめったらに乳酸菌を摂取すればいいという訳ではありません。

 

特にクローン病の場合、過去に寛解例がある乳酸菌種選びも大切になってきます。

 

ラクトバチルス・サリバリウス

日本で販売されている乳酸菌含有食品でラクトバチルス・サリバルウス種配合のものは少なく、フレンテ・インターナショナル社の「乳酸菌LS1」のみです。

サッカロミセス・ブラウディ

NOW社のサプリメント「サッカロミセス・ブラウディ」がおすすめです。
アマゾンでも購入できるので、気になる方は是非購入してみてくださいね。
以上の乳酸菌がクローン病患者に有用な乳酸菌の例ですが、その他にも潰瘍性大腸炎の寛解実績があるビフィズス菌BB536などもおすすめです。

 

まとめ

対処療法として、乳酸菌によるアプローチを試す価値は十分にありそうですね。
しかし病は気からという言葉通りストレスの少ない毎日、そしてバランスの取れた食生活と医師による指導のアドバイスの厳守。
このように基本的なライフスタイルを見直し、クローン病と上手に付き合っていくことが、寛解への最短距離になっていくということを忘れないでくださいね。

 

⇒クローン病にも効果のある乳酸菌サプリならカンタン手軽に摂取できますよ!


乳酸菌が花粉症にも効果あり?花粉症で悩んでいる人、必見!気になる予防対策は?

毎年、花粉症に悩む人々が増えている中で、少しでも症状を軽くしたいと思う人は多いですよね。
こちらでは花粉症予防に効果のある乳酸菌に注目しました!
⇒乳酸菌で花粉症予防 なぜ乳酸菌が花粉に効くの??

 

花粉症から通年性鼻炎にも有効な乳酸菌が実証されました!
約1カ月で効果を発揮する乳酸菌とは?
⇒【新発見!】花粉症・鼻炎にT−21乳酸菌の効果が発表されました!
⇒同じT21乳酸菌を配合したアレルライトハイパーなら効果を実感するまで数週間で花粉症やアレルギー改善効果があるとされている乳酸菌サプリです。

 

花粉症に対する乳酸菌の有効性にメディアも注目!
年々、花粉症患者が増えている原因は腸内フローラに関係している?
⇒スッキリで花粉症には乳酸菌がおすすめと放送されました。

 

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ