乳酸菌 日和見菌

どちらにも転ぶ日和見菌とは、バランスは?

腸内環境を左右するのは、善玉菌や悪玉菌だけでなく、その大半を占める
日和見菌と言われます。
日和見菌とは、またそのベストバランスとは、具体的に説明していきましょう。

 

どちらつかずで、酸素がなくても繁殖する菌の殆どが日和見菌

日和見菌は、腸内環境の多数決にとって、どちらかに付くか決める菌です。
数としては多いにも関わらず、善玉菌の勢いが多ければ善玉菌の働きをし、悪玉菌の働きが多ければ悪玉菌の働きをします。

 

どちらつかずな働きをする所から、これらの腸内細菌を日和見菌と言います。
これら日和見菌の特徴として連鎖球菌など空気がある所より、空気がない所の方が、繁殖しやすい性質を持つ所が特徴です。これを嫌気性細菌といいます。

 

日和見菌は、離乳食以降から作られる

では日和見菌は何時から私たちの体内で作られるのでしょうか。
実は赤ちゃんの体には、殆ど日和見菌はないといってもいいのです。
お母さんの体から栄養を貰っているので、善玉菌と自分自身の僅かな腸内細菌の力で生きています。

 

赤ちゃんの便が黒くなく黄色いのに臭くないのは、悪玉菌がまだ居ないからです。

 

これが離乳食を食べる様になり、口から色んなものを食べる様になると、腸内で発酵がはじまり日和見菌が出てきます。

 

腸内フローラが出来るのは、先に赤ちゃんの体の中にいる善玉菌と合わさった結果です。
この腸内フローラのバランスが崩れた時、たとえば免疫力低下により腸内環境の中の悪玉菌が勝ってしまった場合は、病気になってしまいます。

 

また健康なときは周りが風邪をひいていても何ともなかったのに、免疫力が崩れたりストレスが溜まった途端、周りには数人しか風邪をひいている人がいなくても肺炎の様な風邪をひく場合があります。
これはある種日和見感染ともいえます。

 

日和見菌の腸内でのバランスとは

 

実に腸内の7割を超えるといわれる日和見菌。
善玉菌が2割、悪玉菌が1割弱といわれるのですから、しっかり腸内環境を整えてさえすれば、9割の腸内菌は健康で居られるという事なのです。

 

これが日和見感染を起した途端、日和見菌は悪玉菌に傾くのですから、腸内の僅か1割の菌の思うままにされてしまうのです。
理想的な日和見菌のバランスは7〜6割、少しでも善玉菌を増やすように心がけましょう。

 

乳酸菌サプリナビトップへ

人気記事1位ヘルスエイドビフィーナS
?人気No.1は森下仁丹のヘルスエイドビフィーナSを特別価格で試したい人は上の画像をクリック?


人気記事2位EC-12
?粘り強さのあるケフィアの力でスッキリキレイ お得な購入は上の画像をクリック?


人気記事3位善玉菌のチカラ
?1000円以下でお探しならコチラの善玉菌のチカラ!特別価格で試したい人は上の画像をクリック?

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ