乳酸菌の摂取量は1日にどの程度が効果的?摂りすぎるとどうなるの?

乳酸菌の摂取量は1日にどの程度が効果的?とりすぎるとどうなるの?

巷に出回る乳酸菌飲料や乳酸菌サプリメントですが、よく考えてみると、一日の摂取量はどれぐらいになるのでしょうか?

 

食品から摂取すると大変な手間になる理由はどこから来るのでしょうか。

 

一日に必要な乳酸菌の量は、食べ物からだと無理

 

1日に必要となる乳酸菌の摂取量は、食べ物からですと最低でも200〜300gと言われています。

 

私たちの現代の食生活を考えてみると、これから毎日ヨーグルトを200g食べた所で乳酸菌が体に定着するのでしょうか。

 

30年程前、明治生まれの方が、食べれば腸内環境にいいと信じて毎日500gのパックのヨーグルトを食べ続けていましたが、大腸がんでお亡くなりになってしまいました。

 

元々、この方の食生活は納豆、お漬物、お魚といった純和風の粗食だったのです。
ある日突然ヨーグルトを毎日大量に食べだしたので腸はびっくりしたのでしょう。

 

前の食生活のままでも日本古来の発酵食品から微量の乳酸菌は摂取できたはずです。

 

この様に、乳酸菌のみを摂取する事を目的に食生活を極端に変えるというのは、特に体が弱った高齢者の方には、向いていない事だと思います。

 

ではどの様な方法で、一日の乳酸菌摂取量を摂ればいいのでしょうか。

 

乳酸菌を摂りすぎるとどうなるの?副作用は?

 

現代において、乳酸菌を摂りすぎることでの重大な副作用などは報告はなく、安心して摂取していただけますが過剰摂取が下痢やお腹の調子を狂わせることもあるようです。

 

ヨーグルトなどからの摂取方法では、冷たいまま食べることも多く、お腹の冷えにつながったり、オリゴ糖の摂取量が多いと下痢になったり、カルシウムを多く摂りすぎるても、下痢や便秘になったりなどもあるようです。
さらに、甘いヨーグルトを毎日食べ続けると、糖分を多くとりすぎてしまう心配も・・・。

 

乳酸菌の過剰摂取では問題なくても、その成分に含まれる添加物などにも注意が必要になります。

 

上手な乳酸菌の摂取方法

 

過剰摂取の注意事項について書かせていただきましたが、乳酸菌は基本的に腸に吸収されるか、便に排出してしまうので、常に腸内環境を整えようとするなら、継続的に摂取し続けることが大事です。

 

1日に必要な乳酸菌の数は5000〜1兆個あれば効果的と言われています。

 

生きた乳酸菌と死菌の違い

 

乳酸菌にも、生きて腸に届く乳酸菌である生菌と、胃酸や胆汁酸のバリアによって、腸に届く前に死んでしまう菌の死菌と2種類あるのですが、死んでしまった菌でも腸内環境には必要な存在となり、生菌や善玉菌の餌になったり、免疫力アップの効果もあります。

 

ただ乳酸菌の摂取量としては死菌の数よりも生菌が多いほうが有効とされるので、いかに「生きたまま腸に届く」のかもポイントになりますよね。

 

・ヨーグルトでは100gでおよそ100億個の乳酸菌
・ヤクルト400ではおよそ400億個の乳酸菌
・森永製菓 たべるマスクは1粒あたり30億個以上
・乳酸菌を多く含むとされるキムチの中には1パック800億個も入っているキムチもあり

 

最近では乳酸菌を含む製品が多くでてきましたが、発酵食品でも乳酸菌が含まれていて、その中でも漬物やキムチ、味噌、?油などになりますが、気を付けたいのが、塩分ですよね。
効率よく摂取するには、食品やヨーグルトなどでは、毎日継続的に、となると難しくなってくるのが本音です。

 

乳酸菌の数も多ければ多いほど、即効性がある!効果的!といったものではなく、いかに自分に腸内環境に合った乳酸菌を摂取することが大切になり、摂り続けていても効果を感じない時には、乳酸菌の種類を変えてみることも重要になります。

 

乳酸菌を摂るのに一番いいタイミングは?

 

乳酸菌をいかに効率よく摂取するには、胃酸の分泌が少なく、乳酸菌の死滅を防ぎやすい「夜の食事をとった後から寝る間」の時間がベストとされています。

 

ただ寝る前だと胃もたれの心配やダイエットにはどうかなと思う人もいるのではないでしょうか?

 

食後よりは胃酸が増えている可能性もあるため、まずは1杯の水を飲み、少しだけあたためた「ホットヨーグルト」だと胃への負担もなく、寝ている間にカルシウムの吸収も良くなり、骨の形成に効果があるとされていて、さらには、カルシウムと体内の脂肪が寝ている間に結びつき、脂肪を減らしてくれる作用も!

 

ダイエットを気にして、夜に食べるのを控えてしまう人にも、ぜひ「ホットヨーグルト」がおすすめになります。
ただ温めすぎてしまうと乳酸菌が死滅してしまいますので、「人肌」を目安にしてくださいね。

 

腸内環境を整えるためには、たくさん摂取したほうがいいのか?いつ摂るのが一番ベストか?など、
乳酸菌を摂るするからには効率的に摂取していきたいですよね。

 

大切なことは、摂取量よりも継続して摂ることが大切になります。
摂りやすいタイミングで、毎日続けていくには、ヨーグルトや発酵食品も効果的にはなりますが、もっとお手軽な方法をぜひご紹介させてください。

 

乳酸菌で腸内環境をよくするのであればサプリメントがお勧め

 

腸内環境を改善する為に乳酸菌を補充しなければいけない理由は、いくつかあります。

 

乳酸菌は善玉菌でも、効力が弱いのです。
その上即効性がなく、すぐに数が減ってしまいます、補充が常に必要な菌です。

 

お手軽に補うには腸まで届くといわれるサプリメントがお勧めです。
また普段使う甘味料には純度が高く、何種類か組み合わせたオリゴ糖を使うといいでしょう。
オリゴ糖は腸内で乳酸菌の栄養となります。

 

サプリメントですと、定期的に乳酸菌を忘れずに補う事が出来るので、腸内環境を整えるのに役立ちます。

 

いかがでしたでしょうか。
乳酸菌の一日の摂取量をキープしつつ、腸内環境正常化を目差し、免疫力の向上を目差すのであれば、サプリメントがお勧めなのです。

 

乳酸菌を効率よく摂取できるおすすめ乳酸菌サプリはコチラ

 

ビフィズス菌をたっぷり配合のヘルスエイドビフィーナS

ビフィーナS

当サイトの人気ランク ランク
価格 2980円
特徴 おならの原因の有用菌の減少を抑えるのにピッタリのサプリ。ビフィズス菌とたっぷりと配合しているので便通の改善にもとってもおすすめです。

腸内フローラをキレイにしてくれるので、腸内のおならのにおいとなる原因も一緒に改善してくれます。
私も使っているので本当におすすめできます。

⇒ヘルスエイド ビフィーナSの体験レビューはコチラ

 

1兆個の乳酸菌でおならのにおいとサヨウナラ【EC12

EC12

当サイトの人気ランク ランク
価格 1,810円
特徴

1兆個の乳酸菌を配合することでおならのにおいの原因となっている環境を一気に改善してくれます。
乳酸菌が減って活動が弱くなっている腸も悪玉菌が多くなって弱っている善玉菌もこのEC-12で乳酸菌をた〜ぷり腸に送り込むことで、腸内の環境をしっかりと改善してくれます。

⇒EC12の体験レビューはコチラ

 

善玉菌のチカラでおならのにおい解消♪

善玉菌のチカラ

当サイトの人気ランク ランク
価格 1,950円
特徴 1粒に20億個もの力強い乳酸菌を配合している善玉菌のチカラ

腸内の悪玉菌の活性やにおいの原因の有用菌の減少を減らしてくれます。

⇒善玉菌のチカラの体験レビューはコチラ

 

乳酸菌サプリナビトップへ

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ