アレルギーの原因は乳酸菌不足?子供のアトピー改善や風邪予防に必須

アレルギーの原因は乳酸菌不足?子供のアトピー改善や風邪予防に必須

アレルギーの原因は乳酸菌不足?子供のアトピー改善や風邪予防に必須

 

最近、チョコレートやスナック菓子などにも含まれるようになった「乳酸菌」。お腹の調子を整えるだけでなく、からだにいろいろな良い影響を与えてくれることをご存じでしょうか。特に、成長が未発達の子供にとって乳酸菌は、健康なからだを作ってくれる大切な存在。では、その理由をご紹介していきましょう!

 

子育て・子供が育つ過程に心配はつきもの!

 

子供が元気でたくさん笑っていると、親たちもうれしくなるものですよね。それを感じられるのは、食事や生活リズム、習慣などを常に考えている親の努力のたまものです。しかし、風邪をひいたり、流行りの感染症などにかかったりしてしまうと、からだがつらそうで心配。どうにかして未然に防ぎたいものです。

 

アレルギー・感染症

 

アレルギーには、食物アレルギー・花粉症・アトピー性皮膚炎・気管支喘息など、いろいろな種類があります。目のかゆみや充血、皮膚の乾燥や湿疹など、症状が出ているときのお子さんはかわいそうですよね。食物アレルギーの場合は、学校の給食や普段の食事・おやつなどにも気を付けなければいけないので大変です。

 

厚生労働省は、14歳以下の子供の約40%がアレルギー症状をもっていると発表しています。また、ここ30年間で、気管支喘息は10倍、アトピー性皮膚炎は5〜10倍増加。なぜなら、衛生環境が整っている日本では、さまざまなアレルギーに対抗する力が発達しにくいからです。

 

また、一般的な風邪をはじめ、インフルエンザやおたふくかぜ、手足口病やマイコプラズマ肺炎など、感染症にかかることもあります。病院へ行って薬を処方してもらうなどして治していきますが、アレルギーと同様に症状が出ているときはとてもつらそうですよね。

 

 

なぜ、アレルギーや感染症にかかるのか?

 

アレルギーの原因

なぜアレルギーが発生してしまうのでしょうか?食事・生活環境・遺伝・大気汚染・ストレスなど、さまざまな原因がありますが、その1つに「乳酸菌不足」があげられます。赤ちゃんの腸内は、産まれてくるまで無菌状態。産道を通って産まれてくるときに、お母さんのからだから菌を引き継ぎます。

 

妊娠中や授乳中にお母さんのからだに乳酸菌が不足していると、それが赤ちゃんにもダイレクトに影響するということ。妊娠中から、乳酸菌は積極的に摂るほうが良いといわれています。

 

世界の小児・新生児アレルギー専門家が主張しているのは、年々アレルギーを持つ子が増加している原因は、お母さんから乳酸菌を受け継がないで育っている赤ちゃんが多いからだとか。乳酸菌には、アレルギーの発症を防ぐはたらきがあるということがわかりますね。

 

感染症の原因

インフルエンザなどの感染症は、環境のなかに存在する病気の原因である微生物が人のからだに入って引き起こす病気です。空気中を通して感染するもの、感染している人の手や指などを触って感染するもの、咳やくしゃみの水分が空気中に蒸発して感染するものなどがあります。

 

子供が友だち同士で遊んだり話をしたりしているときは、大人よりも距離が近く、手・指・口などに平気で触れます。病原菌がからだのなかに入りやすくなるので、保育園や学校などでは、あっという間に感染症が広がるのです。

 

ただ、病原菌のある場所にいるからといって、必ず感染症にかかるとは限りません。その子の持つ免疫力・抵抗力が高いと、からだへの侵入を防ぐからです。感染症にかからないようにするには、マスクや手洗い・うがいなどをするのも対策の1つですが、からだの免疫力・抵抗力を高めるのも大切だということですね。

 

乳酸菌が役に立つ?子供へのいろいろなはたらき

 

乳酸菌と聞くと、「おなかの調子を整えるはたらき」があることを一番に思いつきませんか?たしかに、乳酸菌が不足していると便秘や下痢になりやすいですが、ほかにもいろいろなはたらきがあります。では、子供にとってどんな良いはたらきをしてくれるのかご紹介していきましょう。

 

乳酸菌でアレルギーを防ぐ

 

アレルギーのひとつに「花粉症」があります。花粉は、普段から空気中に飛んでいて、何気なく吸い込んでいるもの。からだが必要以上に反応して外へ出そうとすると、「くしゃみ」「鼻水」が出ます。これが花粉症の症状ですね。

 

からだに入ってきた病気を外へ出そうとするしくみのことを「免疫反応」といいます。花粉症のように、本来はからだにとって無害なものに対してアレルギー症状が出るのは、免疫反応が正しく機能していないため。そして、免疫反応の6割は腸で起きています。

 

400種類以上もある乳酸菌。そのなかには、腸の免疫反応を整えるものがあるとの研究結果が出ています。つまり、花粉症などのアレルギーは、乳酸菌サプリを摂ることで未然に防ぐことができるのです。花粉症だけでなく、インフルエンザ・アトピー性皮膚炎の予防効果もありますよ。

 

乳酸菌で免疫力アップ

 

免疫反応が正常に機能するのは、乳酸菌である善玉菌が腸にたくさんすみついているのが理由です。つまり、乳酸菌をたくさん摂れば、免疫力が高まります。継続して摂取するのがポイント。効果にすぐれた菌もありますが、どの乳酸菌にもみられるものなので、市販のヨーグルトなど入手しやすいものでもOKです。

 

免疫力が高まると、感染症予防につながります。インフルエンザやRSウイルスなどが学校ではやっていても、乳酸菌を毎日続けて摂っている子供は、比較的かかりにくい可能性が高いですね。

 

乳酸菌でアレルギーを抑える

 

1度アレルギー症状が出てしまうと、簡単には治らないのが現実。病院へ行くと薬を処方してくれますが、症状を軽くしたり抑えたりするだけのものしかくれません。根本的には治らないので、アレルギーが出ないように生活していく必要があるということですね。

 

免疫反応が正常に近づくと、1度出てしまったアレルギーでも症状が出にくくなります。「花粉症にはヨーグルト」と話題になった時期もあるほど、乳酸菌のアレルギー抑制効果は高く評価されています。

 

こちらの記事もあわせて読まれています
口コミでも評判のアレルライトハイパーはアレルギーやアトピーに効果があると人気サプリの一つです!

 

乳酸菌できれいな肌を保つ

 

子供の肌は大人よりもスベスベでハリがあります。しかし、便秘が続いたりアトピーが出ていたりすると肌が荒れてしまうのでかわいそう。乳酸菌を積極に摂れば、整腸作用とアレルギー抑制効果のおかげで、肌がスベスベになります。

 

乳酸菌を含む飲み物のなかに、子供が好きな「カルピス」があります。カルピスは、乳酸菌と発酵乳が入っていて、肌の健康・美容に効果があることが研究でわかってきたようです。発酵乳は、皮膚の保湿機能をサポートするので乾燥を防げます。アトピーの症状を抑えつつ、肌の水分を保ってくれるカルピスは、きれいな肌を保ちたい子供におすすめの飲み物です。

 

まとめ

 

乳酸菌は、健康なからだをつくるために必要だということがわかりましたね。また、既に発症してしまったアレルギーに対しても効果があります。乳酸菌のはたらきは、からだの健康だけでなく、精神の安定や記憶力アップも期待できることがわかってきました。どうにかしてアトピーの症状を軽くしてあげたい、楽しく学校へ行かせてあげたいと願う親にとって、乳酸菌は欠かせないものなのかもしれませんね。

 

乳酸菌と免疫力の関係性が気になる人に!免疫力アップの関連記事

 

免疫力アップや、つらいアレルギー症状に「ピュアラクトEX16」の効果はあるの?
実際に使ってみた体験レビューはコチラ
ピュアラクトEX16は免疫力に効果抜群?写真付き体験レビュー

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 ラクビ 商品 アレルライトハイパー

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ