森下仁丹のビフィーナがついに機能性表示食品になりました

   このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘルスエイドビフィーナが機能性表示食品に認定しました。

 

こんにちはーー!
今回はとっても嬉しいお知らせがあります!!

 

なっ、なっ、なんと!!!ミルクが紹介している乳酸菌サプリメント 森下仁丹さんから発売されてるヘルスエイドビフィーナがついに機能性表示食品として消費者庁が受理しました。

 

これは本当にビッグニュースなんです!!!


 

まず機能性表示食品ってなに??

そんなに興奮されても機能性表示食品の意味がわかりませーーん。。 と、呟いている人いませんか??

 

機能性表示食品とは消費者庁が平成27年の4月に作った制度の一つです。
内容としては『おなかの調子を整えます』や『便秘を改善します』などとその効果を表示することができるのです。

 

これって実はすごい革命的なことで、今までは『〇〇配合!』や『〇〇200%増量』など、何かに効果があると言われている成分やエキスの量や配合しているという事実のみしか載せれませんでしたが、この機能性表示食品の受理があるとしっかりと『〇〇を改善する!』とパッケージに記載できるのです。
(詳しくはコチラの消費者庁が配布している資料を見てください。)

 

表示機能は分かったけど、ヘルスエイドビフィーナはどうなったの??

ヘルスエイドビフィーナはこの受理を受けたことによりパッケージを新しいデザインの物に変えました!。
ビフィーナs

 

堂々と『便通を改善』と書いていますよね。これが機能性食品の受理をされた最大の特典です。
実際にこういった事がパッケージに書かれているだけで安心することができますもんね。

 

ヘルスエイドビフィーナのすごさはわかった。でも機能性表示食品って誰でもとれるんじゃないの?

機能性表示食品を消費者庁に受理してもらおうと思えば、実はかなり難しく、科学的な根拠が必要になります。
例えば臨床試験や成分に関する文献のデータなど、それなりの実績やデータが無いと恐らく受理はされないでしょう。

 

飲み物によくあるトクホとはまた違うの??

トクホ(特定保険用食品)とはまた違います。
トクホとはトクホの場合は国が様々な審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が認可を許可しています。

 

機能性表示食品とは事業者の責任において科学的根拠や安全性、機能性などの情報を消費者庁長官に提出されたものです。

 

大きな違いとしてはトクホは消費者庁長官の個別の許可を受けたもので機能性表示食品は個別の許可を受けたものでは無いということです。

 

こう書くと、なんだトクホより全然下のレベルじゃん。。。と思いますが、そんなことはありません。
実際にしっかりと検査や試験をして安全性や機能性が認められたものがこの機能性表示食品として名乗れるので、この受理をされていないものは世の中に沢山あります。

 

乳酸菌サプリメントだけで言えば、現在の受理されているなかではヘルスエイドビフィーナのみになります。
(下の画像クリックでヘルスエイドビフィーナ公式ページへ移動します。)
ビフィーナs

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 美のフローラゼリー 商品 乙女の乳酸菌

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ