乳酸菌 花粉症

   このエントリーをはてなブックマークに追加

乳酸菌で花粉症予防 なぜ乳酸菌が花粉に効くの??

花粉症って本当に辛いですよね。。
街で見かける花粉症の人を見ると本当に辛そうですもんね。

 

花粉症は治らないからこれから毎年辛い思いをしなければ...と思っている方に朗報です!

 

実は乳酸菌にも花粉症予防の効果があるのです!!!
本当??って不思議に思っていませんか?

 

ではここでは乳酸菌と花粉症の関係について紹介しましょう。
難しい言葉がいっぱい出てきますけど、頑張って着いてきて下さい。

 

乳酸菌には

  • 便秘解消
  • 薄毛予防
  • インフルエンザ予防

などが期待されています。

 

さらに乳酸菌には免疫力アップの効果がありこれが花粉症をはじめとするアトピー性皮膚炎などのアレルギーケアとしても効果があると言われているのです。

 

花粉症ってどうして起こるの?

花粉症は、季節型のアレルギー性鼻炎通年性アレルギー性鼻炎とに分かれます。

  • 季節型

季節型はスギやヒノキなどの花粉をアレルゲンとしてアレルギー反応を起こす疾患

 

  • 通年性

通年型のアレルギー因子はハウスダストの中にいるダニなど

 

どちらも鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどといった非常に辛くて不快な症状で悩みます。

季節性アレルギー性鼻炎・花粉症は、体の免疫機能が過剰に反応することによって起こります。

 

体内にアレルギー物質やウイルス、細菌など病原体が侵入すると、白血球の中に存在する免疫細胞が病原体に攻撃します。

 

この攻撃を行う時に抗体を作り、病原体が再び侵入した時に、すぐに戦えるようにしておくのです。この抗体はIgE抗体と呼ばれており、IgE抗体が花粉を病原体と勘違いして、体内でどんどん増えていきます。

 

IgE抗体が体内で過剰に生産される人がアレルギー疾患を引き起こしやすくなるのです。

 

つまり、IgE抗体を作りやすい体質が、アレルギー症状の出やすいアレルギー体質の人であるともいえます。

 

このIgE抗体の量が一定量を超えると花粉症を引き起こしてしまうのです。

 

花粉症に関係する細胞

またIgE抗体以外にも免疫細胞のTh1細胞とTh2細胞、さらにはB細胞も花粉症に関与しています。

 

  • 細菌やウィルスなどの異物に対して反応するのがTh1細胞
  • カビやダニほこり花粉などに反応してアレルギー反応を起こす抗体を作るのがTh2細胞

 

この2つの免疫細胞は適当なバランスを保ってアレルギー反応を抑制しています。

 

しかしこれらの2つの免疫細胞のバランスが崩れてしまうと花粉症を引き起こすことになるです。

バランスが崩れる一つの理由として、衛生面においての生活環境はとてもよくなり、

また抗菌グッズも充実している現在ではTh1細胞がB細胞の免疫反応を刺激する機会が少なくなっているのに対して、

 

中国から有害な異物や化学物質が日本に飛散するなどの大気汚染や自然環境、食生活の変化などでTh2細胞がB細胞の免疫反応を刺激することが多くなっている状態だからなのです。

これらのバランスを整えるということは、体質改善効果にもつながるといえます。

 

なぜ乳酸菌は花粉症などアレルギー症状に効果があるの?

乳酸菌の中にはIgE抗体の生成を抑制する働きがあるものもいます。またアレルギー反応を抑制する働きがあるTh1細胞を活性化させて花粉症によるアレルギー症状を改善することができるのです。

 

さらに乳酸菌はTh1細胞の働きを強めるだけではなく、アレルギー反応を引き起こす原因となるTh 2細胞の働きを抑える作用もあるのです。

 

最近は花粉症などのアレルギーに対する対策や、ダイエット目的という理由でヨーグルト製品や納豆などの発酵食品を積極的に食べ、乳酸菌の摂取に努める菌活女子が増えているようです。

 

さて、どの乳酸菌が花粉症改善に効果があるのでしょうか。

乳酸菌と一言で言ってもその種類は非常に多いです。全ての乳酸菌に花粉症を改善する効果があるわけではありませんので注意願います。

 

効果が期待できる乳酸菌の種類

フェカリス菌(EC-12)

フェカリス菌(EC-12)は腸内細菌である乳酸球菌で善玉菌のエサとなり悪玉菌の増殖を抑えビフィズス菌などの善玉菌を優位に導き、腸内環境を整え整腸作用や免疫力UPに貢献します。
便秘の解消効果や風邪をひきにくくなる、また美肌効果もあります。

 

フェカリス菌は球菌で菌の大きさはヨーグルトなどの含まれる他の棒菌の乳酸菌やビフィズス菌の1/5程度と小さく、量がたくさん摂れること、腸の隅々まで行きわたることができるなど、より効果的なのです。

 

乳酸菌は生きたままの状態で腸に届けないと意味がないといわれますが、フェカリス菌(EC-12)は生菌よりも加熱処理をして死菌の状態で腸まで届けた方が、より免疫力の向上に有効性があるという研究の結果報告がなされています。

 

フェカリス菌(EC-12)は生菌の状態でも取り入れることが可能で、その他の乳酸菌と同じような働きをしますが、サプリメントなどには死菌の状態で配合する方法をとっているものが殆どです。

1兆個の乳酸菌でおならのにおいとサヨウナラ【EC12

EC12

当サイトの人気ランク ランク
価格 1,810円
特徴

1兆個の乳酸菌を配合することでおならのにおいの原因となっている環境を一気に改善してくれます。
乳酸菌が減って活動が弱くなっている腸も悪玉菌が多くなって弱っている善玉菌もこのEC-12で乳酸菌をた〜ぷり腸に送り込むことで、腸内の環境をしっかりと改善してくれます。

⇒EC12の体験レビューはコチラ

 

L-92乳酸菌(アレルケア)

L-92乳酸菌は他の乳酸菌とは少々タイプが異なり、発酵食品や乳製品に含まれているのではなく、人の腸内に住みついているヒト由来の乳酸菌です

 

「カルピス」の様々な試験で様々な乳酸菌の有用性を確認しながら行った研究の結果、L-92乳酸菌は乳幼児アトピー性皮膚炎、成人アトピー性皮膚炎、花粉症、通年性アレルギー性鼻炎への有効性が確認され、

 

抗アレルギー作用のある乳酸菌として第63 回日本アレルギー学会でも発表され、刺激に勝つ体作り、刺激に負けない生活の可能性が広がってきました。

 

L-92乳酸菌は腸管の免疫細胞を刺激するためTh1細胞が活性化、Th1細胞とTh2細胞の免疫バランスを整えるメカニズムがあると注目されています。
更なる免疫システム研究でのアレルギー作用を緩和できることを期待したいものです。

アレルゲンフリーのアレルケア

アレルケア

当サイトの人気ランク ランク
価格 2,100円
特徴 アレルゲンフリーのアレルケア。アレルギーでなどでサプリに抵抗がある人におすすめ

⇒アレルケアの体験レビューはコチラ

 

KW乳酸菌(ノアレ)

KW乳酸菌は、キリンと小岩井乳業との共同研究でヨーグルトや発酵食品に含まれる乳酸菌の中から発見された乳酸菌ですが、キリンは現在は撤退しヤクルトと小岩井が製品化しています。

 

KW乳酸菌にも腸内環境改善、便秘解消、免疫力強化、Th2側に傾いた免疫バランスを修正する働きがあり花粉症やアトピーなどのアレルギー改善効果が高く体質改善にもつながる乳酸菌です。

 

ヤクルトは乳酸菌では有名なシロタ株から生まれた乳酸菌飲料で、ヤクルト本社は常に乳酸菌や乳酸菌の製品研究をリードする企業です。

 

花粉症やアレルギーを調べた人はこちらのページも読まれています。

 

乳酸菌が花粉症に効果があるとテレビでも取り上げられるほど注目されています。
スッキリで花粉症には乳酸菌がおすすめと放送されました。

 

毎年、やってくる花粉症の時期にそなえて読んでおきたい対策方法や乳酸菌との関係は?
【必見】乳酸菌サプリで花粉症が改善するって本当?すごい乳酸菌パワー

 

アレルギー症状を緩和させる効果のある乳酸菌「T−21」の働きとは?
飲み始めてどのぐらいで効果が実証されるのかも調べてみました。
【新発見!】花粉症・鼻炎にT−21乳酸菌の効果が発表されました!

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 美のフローラゼリー 商品 乙女の乳酸菌

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ