L8020乳酸菌は虫歯や歯周病、口臭に効果あり?おすすめ商品は?

   このエントリーをはてなブックマークに追加

L8020乳酸菌は虫歯や歯周病、口臭に効果あり?おすすめ商品は?

乳酸菌と言えば、腸内環境を整えてくれたり便秘を解消してくれたりといったイメージが強いですが、その種類は600種類以上も確認されているほど多岐にわたります。

 

そして、最近また新しく発見された、「L8020乳酸菌(エルはちまるにまるにゅうさんきん)」という乳酸菌をご存知でしょうか?

 

意外に思われるかもしれませんが、むし歯や歯周病などの口内トラブルの予防にも効果的な乳酸菌もあるんですよ。
デンタルケアにも効果的な、話題のL8020乳酸菌の効果やおすすめの商品についてご紹介します!

 

L8020乳酸菌とは?

「L8020乳酸菌」とは、正式名称を「ラクトバチルスラムノーザスKO3株」といい、歯学博士である広島大学大学院の二川浩樹教授によって発見された乳酸菌です。
まず、名称の「L8020」ですが、この数字に見覚えはありませんか?

 

ご存知の方も多いと思いますが、日本歯科医師会は「80歳になっても自分の歯を20本残そう」という運動の「8020運動」を推進しています。
L8020乳酸菌は、この8020運動が由来ですので、歯の健康に関する乳酸菌であるということがわかります。

 

実は、L8020乳酸菌は、歯周病やむし歯になったことのない健康的な子どもの唾液から発見された乳酸菌で、むし歯や歯周病菌を減らす制菌作用のある乳酸菌なのです。

 

むし歯や歯周病を予防する?L8020乳酸菌の効果とは?

むし歯予防に乳酸菌というと驚くかもしれませんが、L8020乳酸菌のほかにも、母乳に含まれる乳酸菌や健康な人の口の中に存在している善玉菌など、ほかにも同じような働きをする乳酸菌はあります。

 

なぜ、乳酸菌がむし歯や歯周病に効果を発揮するのかというと、それらの原因も細菌であり、乳酸菌にはそういった細菌の繁殖を抑える力があるからです。
中でも、L8020乳酸菌はむし歯菌、歯周病菌、カンジタ菌のすべてを抑制する効果が実証されています。

 

L8020乳酸菌がむし歯予防に効果的な理由

そもそも、歯はなぜむし歯になるのでしょうか?
よく甘いものを摂り過ぎるとむし歯になると言われますが、糖分が直接むし歯の原因になるわけではありません。

 

むし歯は口の中で、ミュータンス菌などの細菌が繁殖し、食べ物や飲み物によって口の中に運ばれた糖分を栄養にして増えていくことによって起こります。
ミュータンス菌は糖分を多量に摂取すると、ネバネバした膜のような状態になって歯に付着します。
これが歯垢となり、その中で酸を作り出して歯を溶かすことによって、むし歯になってしまうのです。

 

このミュータンス菌が口の中にいなければ、糖分を摂ってもむし歯にはなりません。そして、生まれたての赤ちゃんの口の中にはむし歯の原因となる菌がいないのです。
しかし、どうしても育児中には、おかあさんなどの大人から食べかけのものを与えられたり、同じスプーンを使う機会が増えるため、むし歯菌が入ってきてしまうのです。

 

そして、むし歯菌を抑制するには、むし歯になったことのない人の口の中にいる制菌作用のある乳酸菌が有効です。
それがL8020乳酸菌で、実際にL8020乳酸菌との接触によって、むし歯菌や歯周病菌が99.9%以上減少するといった研究結果が出ています。

 

L8020乳酸菌が歯周病予防に効果的な理由

歯周病は、細菌が歯と歯茎の間で繁殖することによって炎症が起こり、腫れや出血を伴う症状があります。
この症状が進行すると、歯の根っこにまで細菌が侵入し、周りの骨まで溶かして歯がぐらつくようになり、最悪の場合抜歯しなければならなくなります。

 

また、歯の根っこから入り込んだ細菌が体中に運ばれて、脳梗塞や心疾患、内臓系の疾患など、全身の病気にまで発展すると考えられているため、歯周病は早めの対策が必要になってきます。

 

しかし、現在では成人の約8割が歯周病を患っているとも言われています。
歯周病の原因である細菌は種類が多くて特定しにくく、歯周ポケットなどに歯垢が溜まりやすいので歯磨きだけでは落としきれない、喫煙やストレスなど生活習慣によっても悪化しやすいなど、さまざまな理由が絡み合っています。

 

このようにやっかいな歯周病にも、L8020乳酸菌の制菌作用が効果を発揮してくれます。
ほかにも歯周病菌を抑える乳酸菌はありますが、どの乳酸菌よりもL8020乳酸菌が大幅に歯周病菌を減少する検証結果も出ています。

 

また、L8020乳酸菌入りのヨーグルトを食後に食べ続けて、2週間たってから菌の抑制具合を調査したところ、4種類の歯周病菌が40〜95%減ったという結果も出ています。
一般的なヨーグルトの場合は、逆に歯周病菌が増えてしまっていたそうですので、歯磨きだけではなかなか落とせないプラークや歯周病菌にも効果的なL8020乳酸菌によって、手軽に歯周病を予防できることが明らかであるといえます。

 

L8020乳酸菌はカンジダ菌の抑制や口臭にも効果的

L8020乳酸菌は、むし歯菌や歯周病菌のほかにも、カンジダ菌の抑制にも効果的です。

 

カンジダ菌とはカビの一種ですが、もともと健康な人の体に存在しているもので、ふだんは特に影響はありません。
しかし、免疫力が落ちている時や、赤ちゃんやお年寄りなどはカンジダ菌によって病気が発症することもあります。

 

特に、「口腔カンジダ症」という口腔感染症になりやすく、口の中に炎症ができたり、舌が白っぽい苔のようなもので覆われてしまうような症状が出てきます。
L8020乳酸菌は、カンジダ菌も抑制してくれるので、体調が悪い時などにも積極的に摂取すれば、健康を保つ手助けをしてくれます。

 

また、お口のケアで欠かせないのが口臭です。

痛みや健康に影響がないので、自分ではなかなか気づきにくいのですが、対人関係においては大きな影響があります。

 

にんにくなどニオイのきついものを食べた時には、自分でも気を使ってケアすることはありますが、ふだんの口臭については無頓着な人も多いのではないでしょうか。
なぜ、ニオイのきついものを食べていなくても口臭があるのかというと、その原因はやはり細菌なのです。

 

たとえば、朝起きた時や緊張している時など、唾液が分泌されておらず口の中が乾いていると細菌は増殖しやすく、細菌が悪臭を発生させるので口臭がひどくなってしまいます。
口臭は歯磨きで細菌を落として口の中を清潔にすれば解消できますが、時間のない時や外出時などは、いつでも歯磨きできるわけではありませんよね。

 

そういう時のために、細菌の増殖を抑制するL8020乳酸菌配合のマウスウォッシュやタブレットなど、手軽に使える商品が市販されているので、いつでもどこでも簡単に口臭を予防することができますよ。

 

L8020乳酸菌を試してみたい人におすすめの商品

乳酸菌入りの商品というと、ヨーグルトなどが思い浮かびますが、L8020乳酸菌はお口のケアに最適の乳酸菌なので、手軽に食べられるタブレットなども販売されています。
ヨーグルトが苦手な人や、どういった商品を選べばいいか迷ってしまうという人のために、おすすめの商品をご紹介します。

 

L8020乳酸菌を手軽に摂取できるタブレット

外出時や仕事中など、ちょっとリフレッシュしたい時にも手軽に摂取できるタブレットの商品がいくつか販売されています。
ミント風味のタブレットなどを食べる人も多いと思いますので、取り入れやすいでしょう。

 

ただ、摂取量や食べるタイミングなどが決まっているものもあるので、食べ方には注意してくださいね。

 

UHA デンタクリアタブレット

デンタクリアタブレットは、ユニークなキャンディやグミなどで有名なUHA味覚糖から販売されているタブレットです。
キシリトール配合でノンシュガー、溶けやすくできているので乳酸菌成分が短時間で口内に生き渡り、歯磨きの後のデンタルケアに最適です。

 

乳成分は配合されていませんが、ヨーグルト風味でやさしい味。おいしく食べながらむし歯予防ができます。
内容量は21粒入りで、価格は594円(税込)です。

 

L8020乳酸菌ラクレッシュ チュアブル

L8020乳酸菌ラクレッシュ チュアブルを販売しているのは、ジェクス株式会社。

 

ジェクスは、赤ちゃんから高齢者まで、すべての人が健康的に暮らせるような商品作りに取り組んでいて、育児やマタニティ用品、健康や美容に関する商品、シニアライフ用品などさまざまな商品を販売しています。

 

特に、 L8020乳酸菌の商品にも力を入れていて、タブレットだけでなく歯磨きジェルやマウスウォッシュなどたくさんの商品が開発されています。

 

ラクレッシュ チュアブルは、かみ砕いて食べるタイプのタブレットで、1日1粒食べるだけで口内環境を改善してくれます。
味は梅ミント風味とレモンミント風味の2種類から選べます。

 

唾液の分泌を促す効果もあり、マウスウォッシュ代わりや歯磨き後に食べるのもおすすめです。
お子様に与える場合は、細かく砕くかすりつぶしてのどに詰まらせないようにし、奥歯が生えてくる1歳半前のお子様には与えないようにしてください。

 

内容量は30粒入り(約30日分)で、価格は798円(税込)です。

 

チュチュベビー L8020乳酸菌 キシリトールタブレット

ラクレッシュ チュアブルと同じく、ジェクスから販売されているチュチュベビー L8020乳酸菌 キシリトールタブレットは、1歳半頃からの小さいお子様でも食べられるタブレットです。
口内の菌の割合は、3歳ころまでに決まってしまうと言われていますので、それまでにむし歯菌などの細菌をできるだけ増やさないことが重要です。

 

砂糖不使用でキシリトール配合なので、小さいお子様のむし歯予防に最適です。
なめて溶かすタイプなので、歯が生えそろっていないお子様や介護が必要な方でも安心です。

 

ヨーグルト味なので、おやつ代わりにもなりますよ。
内容量は90粒(1日3粒で約30日分)、価格は598円(税込)です。

 

朝食やおやつにもおすすめな L8020乳酸菌配合のヨーグルト

乳酸菌と言ったらやっぱりヨーグルトですね。
生乳のおいしさとクオリティを追求した乳製品のメーカーである「らくれん」から販売されているのは、広島大学歯学部と共同研究された8020ヨーグルトです。

 

L8020乳酸菌は口腔内ケアに効果的ですが、ヨーグルトを作る上で重要な味や風味のおいしさも高めてくれる、ヨーグルトと相性のいい乳酸菌なのです。
8020ヨーグルトは少しとろみがあり、砂糖の自然な甘さなので朝食やおやつにもおすすめですし、歯磨き後に食べることでも制菌作用を高めてくれます

 

ただ、砂糖が入っているので、寝る前に食べる場合は歯磨きをする前のほうがいいでしょう。
8020ヨーグルトは、らくれんの通販サイトで110g入り×6個セットが758 円(税込)で購入できます。

 

糖分やカロリーが気になる人にはL8020のマウスウォッシュ

タブレットやヨーグルトの糖分やカロリーが気になる人は、 L8020乳酸菌配合のマウスウォッシュで口腔内のケアをするのがおすすめです。
マウスウォッシュは歯磨き後に口をすすぐだけで、口の中に液が行き渡り、清潔に保ってくれるものです。

 

L8020乳酸菌 ラクレッシュ マウスウォッシュ

L8020乳酸菌のタブレットも販売しているジェクス株式会社のマウスウォッシュで、タブレットと同じラクレッシュシリーズです。
ノンアルコールで低刺激、アップルミント風味なのでマイルドな使い心地です。
内容量は300mlで価格は798円(税込)です。

 

クチュッペL-8020マウスウォッシュ

クチュッペL-8020マウスウォッシュは、広島大学と紀陽除虫菊株式会社の共同研究によって商品化された、日本で初めてのマウスウォッシュです。
アルコール配合の爽快ミントと、ノンアルコールのソフトミントが選べます。

 

ボトルタイプのほかにも、1回分使い切りタイプのポーションタイプや携帯できるスティックタイプなどバリエーションも豊富です。
ボトルタイプの容量は500ml、価格は1,296円(税込)です。

 

L8020商品を使ったら歯磨きしなくてもいいの?

L8020乳酸菌は、強い制菌作用や抗菌効果があるため、むし歯予防や歯周病予防に効果的です。
だからといって、歯磨きをしないでL8020乳酸菌配合の商品を使っていれば、むし歯や歯周病にならないというわけではありません。

 

歯垢や食べかすなどの汚れは、歯磨きでないと落としにくいですし、L8020商品はあくまでも歯磨き後のサポートとして使うことを考えられて作られています。
ただ、歯磨きだけでは落としきれないプラークや細菌の繁殖を抑える効果は抜群ですので、ぜひ歯磨きと併用して、口の中を清潔に保つ習慣をつけてくださいね。

 

虫歯や口臭が気になる方はこちらの記事もおすすめです

 

腸内環境を改善すると虫歯にも効果がある?虫歯や口臭と乳酸菌の関係性を調べてみました。
口臭は乳酸菌で予防できる?虫歯予防にも乳酸菌がおすすめの理由