テレビ未来遺産で池上彰さんが乳酸菌について解説します!1月27日

   このエントリーをはてなブックマークに追加

あの池上彰さんがインフルエンザや風邪がなぜ起こるのかを詳しく紹介

1月27日 20時から22時54分の間で池上彰さんがインフルエンザや風邪が起こる原因を紹介してくれます!!

 

番組名

テレビ未来遺産 緊急!池上彰と考える 今年の細菌・ウイルス大疑問

 

出演者

池上彰、高田延彦、松本明子、森公美子、遼河はるひ、JOY、福田真嗣(慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授)

 

公式ホームページ

http://www.tbs.co.jp/mirai-isan/

 

 

内容を勝手に抜粋してみました

・なぜインフルエンザや風邪は流行るのか??
・インフルエンザや風邪を早く治すには?
・ワクチンについて
・感染経路
・あなたの予防策は大丈夫?
・アレルギーと細菌にはどんな関係が??
・食物アレルギー、花粉症、アトピーが増えている理由
・子供時代の泥んこ遊びが大切??
・腸内フローラ研究所の最前線
・ビフィズス菌っていったい何??
・糖質ダイエットと腸内フローラの関係
・採食主義のインド人VS日本人の腸内環境
・ヨーグルトの選びかた

 

今回は池上彰さんがかなり詳しくとしてわかりやすく解説してくれるようです。
サイト管理人もとっても楽しみです。絶対見て報告したいと思います。

 

このページが気になった人におすすめのコンテンツ

乳酸菌で風邪、インフルエンザ対策ができるって本当??

テレビ未来遺産 緊急!池上彰と考える 今年の細菌・ウイルス大疑問をまとめました(^^)/

腸内環境

1月27日に放送された「池上彰 テレビ未来遺産!」は腸内フローラや腸内細菌、乳酸菌ヨーグルトなどアレルギーから腸内フローラまで気になる話題を特集しました。今回はこのテレビ未来遺産の内容について紹介してきましょう。

 

腸内で生きることができる腸内細菌は決まっている

腸内環境

腸内では座席32席の特急列車のように棲息する腸内細菌は決まっています。腸内に棲息する腸内細菌の種類は人によって異なり、その中でもヨーグルトなどで知られているビフィズス菌は10%程度になります。

 

健康な腸内にウイルスや細菌などの病原菌が進入してしまうと、そこから腸内環境は悪化。座席に座ろうとする病原菌を悪玉菌であるクロストリジウムが追い出す働きもあります。

 

腸内フローラには多様性があり、この多様性こそが腸内環境を整える上で重要になります。

 

ビフィズス菌はなぜお腹によいの?!

腸内環境

ビフィズス菌=腸内環境を改善するというイメージを持っている人は多いでしょう。実際にビフィズス菌には、腸内フローラを改善する作用があり、その腸内に病原菌がやってきたとしても腸内に留まることができません。

 

つまりウイルスや細菌などが体内や腸内に進入しても腸内フローラが健全であればウイルスは増殖することができず、風邪やインフルエンザを発症しにくくなるのです。

 

赤ちゃんは生まれてくるときに産道で細菌を受けとり、母親の常在菌も母乳から取り込むことになります。そのため母親から子供へと腸内細菌は受け継がれていくのです。

腸内環境

また母乳に含まれている乳酸菌やオリゴ糖は、ビフィズス菌の働きを良くする効果もあります。

ビフィズス菌がしっかりと腸内にあれば腸炎や感染症を防ぐことができるのです。

腸内フローラは3歳までに決まってしまうとも言われています。

 

腸内細菌を元気にする食べ物とは?!

腸内細菌を元気にする食べ物として一番おすすめしたいのがサツマイモです。

腸内環境

サツマイモの中でも「紅天使」と呼ばれる品種は最も腸内細菌を活性化させて、腸内環境を整えるのに効果的です。
サツマイモの他にも食物繊維を豊富に含む食品を積極的に摂取することで腸内細菌を元気にすることができるでしょう。

 

乳酸菌にはアトピー性皮膚炎の症状を緩和させる

乳酸菌はアトピー性皮膚炎やアレルギー症状にも効果があるといわれています。

実際乳酸菌を摂取したアトピー性皮膚炎患者は検証から1ヶ月後に、肌の水分量が増加し、乾燥が改善されています。

また吹き出物などの肌荒れも減少して効果が得られています。

 

乳酸菌とビフィズス菌は術後の合併症を抑制する

名古屋大学医学部付属病院によると胆管がんの患者が手術前日に乳酸菌飲料を摂取して手術を行うと、術後の感染症、合併症を抑制する効果が見られると発表。術後の感染症、合併症の原因となる悪い菌の繁殖を抑制することができるそうです。

腸内環境

また手術後にヤクルト400などの乳酸菌飲料を飲んで乳酸菌やビフィズス菌を摂取すると術後の回復が早いと医師は見解しています。

 

手術2週間前から術後回復するまで積極的に乳酸菌やビフィズス菌を摂取すると、合併症を抑制できるのです。

腸内環境

従来の感染症合併症の発生率は約52.2%であったのに対し、乳酸菌やビフィズス菌を摂取すると約12.2%にまで下げることができます。

 

どんなヨーグルトがおすすめ?!

腸内環境を整えるのに最も手軽に摂取できる食品といえばヨーグルトです。

ヨーグルト

ではどのヨーグルトを選べば腸内環境を改善できるのでしょうか?

腸内環境を整えるためにビフィズス菌が生成する物質が重要になります。ヨーグルトやたくさんの種類が販売されていますが、腸内フローラは人の指紋のように個人によって異なります。そのためその人によいヨーグルトであっても、別の人には腸内環境を整える効果が得られないことも。1種類のヨーグルトを1週間程度続けて食べて便通がよい、腸内フローラが整ったと自分で実感できたヨーグルトを探してみるのがよいですね。

また乳酸菌飲料に関してもヨーグルトと同じで、まずは飲んで試してみることをおすすめします

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 美のフローラゼリー 商品 乙女の乳酸菌

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ