【駆け込みドクター腸内環境を良くする7つの事】で放送されました。

   このエントリーをはてなブックマークに追加

TBSの人気番組「駆け込みドクター」に於いても腸内フローラが扱われました。「腸内環境を良くする7つの事」というお題目で、そもそも腸内環境とはどのようなものなのかの説明から行われていました。

 

大腸にはおよそ1,000兆個とも言われている菌があり、これらは善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分ける事が出来、バランスが大切だとの事。健康的な成人の場合、日和見菌が7、善玉菌が2、悪玉菌が1が良いとされています。善玉菌や悪玉菌の働きまで教えてくれたのは親切だったのではないでしょうか。

 

番組で初めて「腸内フローラ」なる言葉を来た人もいるでしょうからね。

 

乳酸菌の新しい常識

乳酸菌と言えば誰もがご存知でしょうし、日常的に摂取している菌の一つかと思いますが、近年、乳酸菌も二種類あり、植物性の物と動物性の物とがあるのだと分かってきました。

 

植物性の乳酸菌は漬物や醤油、味噌といった日本が古来から親しんでいた植物の糖をエサに増殖する性質を持っているのですが、動物性乳酸菌はチーズやヨーグルトといった動物のミルクをエサにして増殖します。

 

こちらは胃酸で死んでしまうのが特徴ですが、余暇の善玉菌のエサになったり免疫力の向上に寄与するなど、死んだからといって役割が終わる訳ではないのです。そして腸内フローラのためにはこの2種類の乳酸菌をバランスよく取る事が大切との事。もちろん野菜中心で、肉を控えめにして発酵食品を多く取り入れる事も大切だと。

 

腸の元気さこそ健康

番組によると、腸には全身のおよそ6割の免疫細胞が集中しているため、人間の免疫力を高められるかどうかは腸内細菌が大きく関係しているのだと説明されていました。また、番組では腸がどのような状態なのかのセルフチェックも行ってくれていました。

 

更に、太りやすいか痩せやすいのかもまた、腸内細菌で決まるとの事。日本人は元々は太りにくいとされていたものの、近年は食事の欧米化によって肥満型腸内細菌を持つ人も増えてきているとの事です。

 

こちらは様々な実験によって検証されているのですが、多彩化に「肥満型の腸内細菌」があるようで、実験では、同じラットでも腸内細菌を持つラットの方が体脂肪が2倍も増加したようです。

 

腸を活発にするためには

では腸を活発にするためにはどうすれば良いのか。番組では腸を活発にする運動と共に、良質な油こそが腸内環境を良くしてくれるものだとも説明。特にオリーブオイルは大きな効果をもたらしてくれるようです。その理由として、オレイン酸が多く含まれているからです。

 

オレイン酸が多く含まれていると、便のすべりをよくするために排便を促進してくれるようです。さらにはビタミンEも含んでいるため、大腸がんを防いでくれるとも言われており、各方面から期待されているようです。

 

番組では初心者向けに詳しく説明してくれていましので、腸内フローラがどのようなもので、何をすると良いのかが分かったという視聴者も多かったのではないでしょうか。

1度は読んで!!当サイトの人気ページ紹介☆

乳酸菌別の紹介ページ

乳酸菌 ビフィズス菌 乳酸菌 ガセリ菌 乳酸菌 オリゴ糖
乳酸菌 フェカリス菌 乳酸菌 ラブレ菌 乳酸菌 クレモリス菌

身体の症状でおすすめの乳酸菌を選ぶ


症状 便通改善 症状 下痢 症状 花粉症 症状 インフルエンザ
症状 おならの臭い 症状 ダイエット 症状 妊婦・妊娠 症状 薄毛

口コミで人気の乳酸菌サプリから選ぶ

商品 ビフィーナs 商品 善玉菌のチカラ 商品 EC12
商品 アレルケア 商品 美のフローラゼリー 商品 乙女の乳酸菌

話題沸騰中のキーワードから記事を探す♪♪

人気KW 乳酸菌サプリ 人気KW 腸内フローラ 人気KW 乳酸菌ショコラ